クチーナ(CUCINA)キッチンはどんなものなのか?特徴は?価格は?評判は?

キッチン。
それは家づくりのなかの一部分にすぎないかもしれません。

けれども、食事をつくったり、食器を洗ったりとキッチンに立つ時間は意外と長いもの。
長い時間を過ごす場所だからこそ、こだわりたい。

ただ、世の中にはどのようなキッチンがあって、どんなキッチンメーカーがあって、どういう選択ができるのか。

そういう選択肢を知りたいとお感じになられているのではないでしょうか?

ただ、実際にはどのキッチンメーカーのショールームに行くのも、なかなか敷居が高いもの。
高級キッチンメーカーならば、なおさら。

そのような背景がございますので、この私、編集長・竹内が取材者・インタビュアーになりまして、キッチンメーカーを取材させていただきます。

今回は「クチーナ(CUCINA)」です。

クチーナのキッチンは業界的にも歴史が長く、家具との一体感や品質の高さから、多くの著名人のご自宅などにも多く納品されています高級システムキッチンメーカーです。オーダーキッチンですね。

今回はクチーナ福岡 営業推進部長 藤田英郎様に取材させていただきました。

クチーナ(CUCINA)キッチンとは?ブランドのコンセプト

1937(昭和12)年。
大阪市西区北堀江に森本家具装飾店として誕生。

主に店舗や企業向けに商業用の注文家具を生産、販売する家具店

そのため、1社ごとの多種多様な厳しいオーダーに応えねばならず、そこで鍛え上げられた手作業による技術が現在のクチーナ キッチンの礎となっているそうです。

クチーナ(CUCINA)は実はシステムキッチン業界のパイオニア

クチーナ(CUCINA)がシステムキッチン業界に参入したのはかなり早く、43年前。
1976年にスタートしたわけです。

クチーナの前にシステムキッチン事業をしていたのはオフィス家具でも有名なオカムラ、フランスベッドなどの会社でした。これらの会社はシステムキッチン事業から撤退していますから、クチーナが日本では最も老舗なシステムキッチン会社と言えるそうです。

元々は注文家具メーカーのクチーナ(CUCINA)。
外国製のシステムキッチンを施工する立場だったそう。

輸入したキッチンを日本で取り付け施工していくうちに「自分たちでも、デザインキッチンをつくろう」ということでスタートしたのがそもそものはじまり。

クチーナ(CUCINA)キッチンの特徴とは?


クチーナのこだわりは日本品質、手仕事へのこだわりです。
クチーナのキッチンは静岡県浜松市の工場で製造されます。

樹齢200年から300年の銘木がキッチンへと姿を変える工程のすべてに妥協せず、世代を超えて使っていただくための新しい素材開発や技術革新にも積極的に取り組まれています。

できるかぎり自社で加工・製造していますから、20年、30年後にカスタマイズしたいというニーズがあっても、きちんと対応できるような体制になっています。

商業用の注文家具を生産、販売ということで、1社ごとに異なるオーダーに答える体制をしていました。そういうわけで、クチーナのキッチンも基本形としての上質さ、機能性を持った上で、カラー、サイズ、素材、レイアウトなど、すべてお好みにカスタマイズ可能になっています。

営業体制にも特徴があります

クチーナには意外な特徴があります。
それは「営業体制」です。

専任の営業担当者が営業から、施工。
そして、引渡しまで、管理しています。

これは他のキッチンメーカーではあまり見られません。

一般的には営業は営業だけ。
施工は施工だけ。

一貫した体制というのはなかなか見られません。

クチーナの場合、一人の営業マンが全体的に管理しますので、トラブルも少なく、メンテナンスにもすぐに対応できる体制になっています。

クチーナ(CUCINA)キッチンの価格は?


クチーナ(CUCINA)キッチンの価格はオーダーキッチンメーカーの相場並みといったところです。

オーダーキッチンの場合、率直に言って、どんな仕様(扉材、天板)で、どんな設備を入れるかによって価格は大きく変わります。
キッチン設備とは具体的には、加熱機器(ガス、IHなどのコンロ)、食器洗浄機、レンジフードといったものです。
価格的にこれらはピンキリでして、ひとつで100万円だったりするものもあります。

そのため、オーダーキッチンの価格はピンキリといったことが正確な表現になります。

価格帯で言えば、100万円台から数千万円くらいするものまで、幅広いというのは、オーダーキッチンメーカーで有名なクチーナ、キッチンハウス双方に共通することです。

クチーナ(CUCINA)キッチンの人気カラー・人気色など、何が人気?


クチーナ(CUCINA)キッチンで人気カラーになるのは「ダークグレーマット」や「ホワイト」といったカラーだそうです。

クチーナの工場は前述の通り、静岡県浜松市にあります。
浜松市といえば、YAMAHAのピアノが有名ですね。

そういうわけで、ピアノ塗装の工場も多く、高レベルな塗装技術で、各塗装工場がしのぎを削ってクオリティを高めているそうです。そのため、大変きれいなマットなグレーやホワイトといった塗装が際立つため、人気。

また、彫り込みされた扉材や波打った形状の扉材を塗装するには高度な塗装技術が要求されるため、なかなか実現が難しいそうです。

人気の天板はDEKTON(ウルトラセラミック・陶板)


キッチンの天板で人気なのはDEKTON(デクトン)という素材

DEKTONはウルトラセラミックと呼ばれ、硬度が高いので傷つきにくいです。
また、天然石のようなジョイント処理が不要のため、美しい仕上がりになります。
さらに、耐摩耗性、耐汚性に優れていて、機能的にもレベルが高いです。

クチーナ(CUCINA)キッチンのショールーム詳細情報(アクセス・営業時間)

クチーナキッチンのショールーム詳細情報です。

クチーナ福岡 ショールーム


クチーナ福岡ショールームはキャナルシティ博多のそばにあります。
博多駅からもアクセスできる距離です。

クチーナ福岡ショールーム
住所:〒812-0018 福岡市博多区住吉2-2-1 井門博多ビルイースト1F
電話番号:092-262-7717
営業時間 / 9 : 00~18 : 00
定休日 / 水曜日(年末年始・GW・お盆)

クチーナ(CUCINA・キッチン)福岡ショールーム詳細情報【営業時間・アクセスなど】

2018.12.10

編集長・竹内の感想


クチーナのキッチンをプロ目線で見たときに、強く印象的なのはやはり「突板のグレードが高く、美しい」という点です。

突板とは希少な銘木のような木を薄くスライスしたもので、それをパネルに貼ることでデザインをつくるものです。

一般的にはこの突板はなかなか高額です。
そのため、この突板のグレードは低くなったりします。
クチーナのキッチンに使われる突板はグレードが高いです。

しかも、厳選されています。
これはキッチン全体が一枚の突板でつくられていることでわかります

コスト的にはキッチンのパネル毎に突板を変えたほうが安くつくることができます。
小さい面積の突き板を有効利用できるからです。

しかし、クチーナキッチンはキッチン全体で一枚の突き板
これはすごい。

すごいというか、見た目に非常に美しいんですね。

そういうわけで、クチーナキッチンの醍醐味はやはり突き板の仕上げ。
これがお好きな方にはビビッとくるのではないでしょうか。

最終的には趣味の世界になりますから、「好きか、嫌いか」ですが

長い実績と高い品質から、クチーナキッチンは多くの方々に愛されています。
たとえば、芸能人のご自宅。テレビでも放映されたそうです。
他にも高級特別養護老人ホーム、高級タワーマンションなどでも採用されているそうです。

取材協力:クチーナ

ABOUTこの記事をかいた人

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書