アイランドキッチンとは?その特徴、メリット・デメリットは?

アイランドキッチンのメリットデメリット
  • 「アイランドキッチンを検討しているけど、詳しく知りたい」
  • 「アイランドキッチンのメリット、デメリットはどういうものですか?」
  • 「理想のキッチンにするために、詳しく知りたい」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回はキッチンのなかでも、かなり人気のタイプ「アイランドキッチン」について詳しく見ていきます。

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは「アイランド(英語で「島」)」のキッチンという意味です。

つまり、台所に島のように設置されているシステムキッチンのことを、アイランドキッチンと呼びます。内装の壁から離れて孤立しているキッチンです。

多くのシステムキッチンは台所のどちらかの隅に配置されていることが多いですが、アイランドキッチンは部屋の真ん中辺りに作業台が配置されています。

アイランドキッチンのメリット

ここからはアイランドキッチンのメリットについてみていきます。

家族みんなで料理ができる

台所の真ん中に作業台が置かれてあることで、料理をしながら家族とコミュニケーションが取りやすくなります。作業台を囲んで周囲から調理ができるので、複数で料理をすることも可能です。

新婚世帯であれば、夫婦で仲良く料理ができます。

また小さな子供がいる家庭でも、調理しながら子供の様子がよく見えます。子供達に料理の手伝いをしてもらいやすいという魅力もあるでしょう。

台所を自由に設計できる楽しさもあります。食卓を隣に置いたり、キッチンカウンターをほかに置いたりと、アイデア次第で憧れの素敵な台所が実現します。

開放感がある

何より開放感に溢れていることは大きな魅力です。

作業台の周りをぐるりと人が歩けますし、見渡しも良くて家族との交流に支障が出ません。近くにテレビ台を置けばテレビを見ながら料理することもできます。好きなようにレイアウトできるので、リビングの近くにキッチンを置いても良いですし、おしゃれなレイアウトが可能です。すっきりとスタイリッシュなキッチンになることでしょう。

デメリット

ここからはアイランドキッチンのデメリットについてみていきます。

キッチンエリアに広いスペースが必要

作業台をアイランド型に設置するには、それなりのスペースがなければ難しいです。

狭い台所に無理やりアイランドキッチンを置くと、重圧感があり家族が動きにくくなります。アイランドキッチンのデメリットとして、広いスペースがなければ配置できないという点が挙げられます。

リビングと一体なので、煙やにおいが部屋に

アイランドキッチンは特徴として、リビングダイニングと一体になっています。

そのため、そこで魚を焼いたり、カレーを食べたり、揚げ物をしたりと、料理内容次第では煙やにおいが部屋に充満してしまう可能性があります。

丸見えになってしまう

アイランドキッチンはそれ自体が独立していますから、リビングダイニングから丸見えになってしまいます。

おしゃれな「見せるキッチン」としては良いですが、生ごみやキッチン雑貨などをきちんと片付けておかなくてはゴチャゴチャしているのもよく見えてしまいます。来客の際には、ゴミの置き場など工夫したいものです。

価格が高い

アイランドキッチンはキッチン単体で独立して設置されます。
その形状、面材の必要枚数などの制約があるので、価格はどうしても高くなります。

一般的なI型キッチンに比較して、やはり価格は高いです。

まとめ

アイランドキッチンはその特徴から、LDKが一体感を持つイメージになります。

広い空間で、キッチンもリビングもダイニングも一体という感じです。
そういう開放感のある、広々とした、家族みんなが一緒に料理というメリットの反面、煙・におい、丸見えというデメリットもあります。

これらの情報を知ったうえで、どんなキッチンのタイプを選ぶかを検討されると、素晴らしい理想のキッチンライフを実現できるものと思います。

参考になれば、幸いです。

アイランドキッチンのメリットデメリット

ABOUTこの記事をかいた人

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書