トーヨーキッチンはデザインが最大の特徴!特徴、価格は?評判・口コミは?iNO、CORE、BAYのキッチンの違いについてもまとめてます。

トーヨーキッチン:イノ(iNO)
  • 「トーヨーキッチンって、どんなキッチン?」
  • 「トーヨーキッチンの特徴って、何ですか?」
  • 「トーヨーキッチンの価格や評判・口コミを知りたい」
  • 「トーヨーキッチンのキッチンラインナップは「イノ(iNO)」、「コア(CORE)」、「ベイ(BAY)」ってなんとなくわかるけど、どんな違いがあるの?」

この記事では、トーヨーキッチンに関するこんな疑問にお答えします。

トーヨーキッチンの特徴

トーヨーキッチンのデザイン
トーヨーキッチンと言えば、やはりその尖った「デザイン」が特徴です。

大手キッチンメーカーを含めて、このくらい尖ったデザイン性を打ち出しているキッチンメーカーも他にはいません。ある意味、独自の道を行く感じです。

また、トーヨーキッチンはキッチンとインテリアの融合を図っており、キッチンを灯す照明、ソファ、ダイニングテーブル、タイルなどを取り扱っています。

トーヨーキッチンオリジナル「3Dシンク」

トーヨーキッチンの3Dシンク
トーヨーキッチンのオリジナルシンク「3Dシンク」

これがトーヨーキッチンの大きな特徴のひとつです。かつて、ここまで尖ったデザイン性で打ち出す前はこの3Dシンクの機能性がウリになっていました。

この3Dシンクは端的に言えば、シンクのなかで色々な作業ができる、というものです。

元々、シンクといえば、洗い物が中心になっていました。これではシンクスペースがムダだということで、3D、つまり立体的にフル活用しようというのがこの3Dシンクです。

具体的にはシンクを上面、中面、底面に分けて活用します。専用プレートを自由に組み合わせることで、下ごしらえからまな板調理、盛り付けに至るまでムダなく快適に作業を進めることができます。

3Dシンクの動画

文字だけで3Dシンクを説明するのは難しいので、実際に作業しているシーンも入っている「3Dシンク」の動画があります。こちらを一度、ご覧ください。

エアフロー

トーヨーキッチンのエアフロー
トーヨーキッチンのキッチンの特徴のひとつが「エアフロー」です。

これはキッチンの下部・足元が脚で立っているということです。

キッチンを床から浮かせる脚(エアフロー構造)であれば、キッチン下部にも風が通ることができ、空気循環と共に、空間をさえぎらない快適性と浮遊感でデザイン性が高い空間になります。

まるでキッチンがひとつの塊として浮いているかのような浮遊感あるデザインで、インテリア性が高いです。

キッチンにつま先が入る(キッチン作業の負荷軽減)

細かいですが、エアフロー「脚」構造であれば、キッチン下部につま先が入ることで、キッチンにもっと近づくことができます。この一歩が作業負荷を軽減してくれるそうです。

キッチンの下が掃除できる(キッチンの衛生効果)

一般的なキッチンは下部が閉ざされています。そのため、掃除することが難しく、ハウスダストやダニなどが発生しやすいエリアになります。

エアフロー「脚」構造であれば、キッチンが脚以外浮いていますので、下部に湿気がたまることもなく、掃除も簡単で常にクリーンな状態を保つことができます。

トーヨーキッチンの製品ラインナップ

トーヨーキッチンの製品ラインナップは「イノ(iNO)」、「コア(CORE)」、「ベイ(BAY)」の3タイプです。

最上級モデルの「イノ(iNO)」、デザインと機能性のグレードの高い「コア(CORE)」、スタンダードモデルの「ベイ(BAY)」の3つになります。

トーヨーキッチンでは、どのモデルでも基本的に3Dシンク、エアフロー「脚」構造は採用されています。また、どのキッチンラインナップでも、デザイン性の高いキッチンになっています。

ここでは、これら3つのキッチンラインナップの違いについてご紹介します。

イノ(iNO)

トーヨーキッチンiNO
トーヨーキッチンの最上級キッチンが「イノ(iNO)」です。

「日常をエンターテインメントにする舞台」をコンセプトに提案されるキッチンです。

後述しますが、キッチンレイアウトの選択肢も豊富、シンク、ワークトップ、ドアパネル、ハンドルなどのあらゆる選択肢が豊富ななかから選ぶことができます。

トーヨーキッチンのキッチンラインナップのなかで最上位というだけあって、基本的に何でも選ぶことができ、また、価格帯もお高めのものから、選択次第では超高級なものまで。

コア(CORE)

トーヨーキッチンCORE
トーヨーキッチンのハイスペックキッチンが「コア(CORE)」です。

キッチンをインテリアとして空間提案するというコンセプトを踏襲したキッチンになります。

「イノ(iNO)」と比較すれば、選択肢の数も減りますが、それでもかなり豊富な選択肢のなかから、ご要望とご予算に合ったかたちで選ぶことができます。トーヨーキッチンのデザイン性と選択肢の豊富さを兼ね備えたキッチンです。

ベイ(BAY)

トーヨーキッチンBAY
トーヨーキッチンの技術とノウハウを集約させたスタンダードキッチンが「ベイ(BAY)」です。
トーヨーキッチンならではの特徴である3Dシンク、エアフロー「脚」構造を採用。

デザイン性を高めた上で、誰もが使いやすいキッチンに仕上げました。選択肢がかぎられる反面、価格面としてはお求めやすい値段設定になっています。

3キッチンラインナップの仕様比較

トーヨーキッチンのキッチンラインナップ比較
トーヨーキッチンのキッチンラインナップ「イノ(iNO)」、「コア(CORE)」、「ベイ(BAY)」の3タイプの仕様比較をまとめてみました。

キッチンレイアウトの選択肢

トーヨーキッチンのキッチンレイアウトは独特なものがあります。

V型のキッチンやダイニングテーブルと一体型になったものなど。そういうキッチンレイアウトの選択肢がグレードによって異なります。

  • イノ(iNO):7種類
  • コア(CORE):3種類
  • ベイ(BAY):3種類

シンクの選択肢

シンクも3Dシンク以外にも、3Dシンクを進化させたものなど、複数の選択肢がグレードによって選ぶことができます。

  • イノ(iNO):5種類
  • コア(CORE):2種類
  • ベイ(BAY):2種類

ワークトップ(天板)の選択肢

ワークトップ(天板)も同じステンレスワークトップであっても「キルト」のような縫ったようなデザインのものや特徴的なデザインのものが選ぶことができます。

  • イノ(iNO):5種類
  • コア(CORE):2種類
  • ベイ(BAY):2種類

ドアパネルの選択肢

ドアパネルはキッチン業界で言う「面材(扉材)」です。このドアパネルの選択肢もグレードによって異なります。

  • イノ(iNO):41種類
  • コア(CORE):26種類
  • ベイ(BAY):32種類

ハンドルの選択肢

ハンドルの選択肢もグレードによって異なります。ハンドルのないプッシュ型のドアになる選択肢や電動式、そして、スワロフスキーのハンドルなどもあります。

  • イノ(iNO):5種類
  • コア(CORE):1種類
  • ベイ(BAY):2種類

これら以外にも、細かい違いはあります。ただ、大枠としては上記のようなかたちとなります。

トーヨーキッチンのデザインへのこだわり「インテリア・照明」「レンジフード」「水栓金具」

トーヨーキッチンの照明など・インテリア
トーヨーキッチンのデザインへのこだわりは提案内容からもわかります。

具体的にはトーヨーキッチン自身でインテリアや照明を販売しています。また、レンジフードや水栓金具にもこだわりが見えます。

トーヨーキッチンが売ってます「インテリア・照明」

トーヨーキッチンは「トーヨーキッチンスタイル」という名前の通り、スタイルを売っています。ですから、同じショールームでインテリア・照明も販売しています。

たとえば、moooi、Kartellといったブランドのインテリアを販売しています。

他にも、LEDタイプのシャンデリアなどのキッチン・ダイニングに映える照明なども取り扱っています。

トーヨーキッチンオリジナルデザイン「レンジフード」

トーヨーキッチンのレンジフードは自社デザイン
一般的に高級キッチンのレンジフード(換気扇)は「アリアフィーナ・富士工業」というレンジフードメーカーのものになります。ここがブランドであり、有名メーカーだからです。

ただ、トーヨーキッチンは機能部は別として、デザインは自社オリジナルなのです。

なので、トーヨーキッチンのキッチンを見たときに、レンジフードに目が行くと、他の高級キッチンメーカーでは見られないようなデザインされたレンジフードが見られます。

こだわりの「水栓金具」

トーヨーキッチンの水栓金具
水栓金具もこだわっています

基本的にトーヨーキッチンの水栓金具(蛇口)は海外ブランドのものが多いです。

ただ、トーヨーキッチンのシンクの奥行などの関係から、一般的な長さの水栓金具が厳しいそうで、特注仕様の水栓金具になっているそうです。海外ブランドの特注仕様の水栓金具になります。

トーヨーキッチンの価格はいくらぐらいでしょうか?

トーヨーキッチンとガゲナウ
トーヨーキッチンのデザインやきらびやかさを見たあとで気になるのは「価格」です。

スタンダードなキッチンであれば、80万円程度からスタートです。

「イノ(iNO)」、「コア(CORE)」、「ベイ(BAY)」と3つのラインナップのなかからどれを選択するかで価格は大きく異なります。中間価格帯としては150万円前後ではないでしょうか。

もちろん、キッチンは導入する設備ひとつで金額は大きく変わります。たとえば、ミーレ食洗機のような海外製食洗機を入れると、40-50万円は金額アップです。

中間価格帯の150万円前後から、ご要望次第で上下するというイメージがトーヨーキッチンの価格ゾーンの認識で間違いないかと思います。

トーヨーキッチンの評判・口コミはどうですか?メンテナンスについても


トーヨーキッチンの評判・口コミについてですが、トーヨーキッチンを希望されるお客様の多くは雑誌をご覧になられた方、今はやりのinstagramをご覧になられた方、工務店・設計事務所からのご紹介の方、そして、エンドユーザーのお客様からのご紹介の方が多いそうです。

実際にショールームにご来場される方のなかでも、一定の割合がエンドユーザー(つまり、実際に使用しているお客様)からのご紹介ですから、それにふさわしい評判・口コミになっています。

また、3Dシンクを代表とした使い勝手を中心とした機能性も高められているキッチンですので、実際に使用された方からの評判・口コミはよろしいみたいです。

トーヨーキッチンのメンテナンスはどうですか?

トーヨーキッチンを購入されたあとのメンテナンスについては、メンテナンス専門部署がありますので、そちらで対応されることとなります

メンテナンスでよくある事象としては、レンジフードの不具合やレールの不具合です。そこまで重大な不具合でなければ、迅速に対処されるようです。

トーヨーキッチンのショールーム

トーヨーキッチン福岡ショールーム
ここまで、トーヨーキッチンのキッチンについてお伝えしてきましたが、最終的にはやはり実物をご覧いただくことがベストかと思います。

トーヨーキッチンは全国各地にショールームを展開しています。

ですので、トーヨーキッチンのキッチンにご興味を強くお持ちになられましたら、一度、ショールームにお越しいただくことをおすすめします。

  • トーヨーキッチン東京ショールーム:東京都港区南青山3-16-3
  • トーヨーキッチン名古屋ショールーム:名古屋市名東区一社2-21
  • トーヨーキッチン大阪ショールーム:大阪市中央区久太郎町4-1-3
  • トーヨーキッチン京都ショールーム:京都市中京区富小路通御池上ル守山町156-3
  • トーヨーキッチン福岡ショールーム:福岡市中央区薬院4丁目15-26
  • トーヨーキッチン金沢ショールーム:金沢市駅西本町2-12-25
  • トーヨーキッチン広島ショールーム:広島市中区立町2番27号
  • トーヨーキッチン岡山ショールーム:岡山市北区今2-8-4
  • トーヨーキッチン高松ショールーム:香川県高松市木太町1839-1

トーヨーキッチンのまとめ

本記事は「トーヨーキッチンはデザインが最大の特徴!特徴、価格は?評判・口コミは?INO、CORE、BAYのキッチンの違いについてもまとめてます。」ということについて書きました。

トーヨーキッチンはそのデザインが最大の特徴と言えます。

このデザインを「このキッチンがいい!」となる方はトーヨーキッチンがベストだと思います。実際、大手キッチンメーカー含めて、同じようなデザインを実現できているキッチンメーカーはありません。

トーヨーキッチン:イノ(iNO)