トーヨーキッチン大阪ショールーム詳細情報【営業時間・アクセスなど】

トーヨーキッチン大阪ショールーム
  • 「トーヨーキッチンの大阪ショールームって、どんなところ?」
  • 「トーヨーキッチンの大阪ショールームの場所・アクセスを知りたい」

この記事では、このような疑問にお答えします。

ちなみにトーヨーキッチンスタイルは元々、ステンレスの加工技術を中心にステンレス食器を製造販売していたメーカーでしたが、ステンレス製の流し台を皮切りにステンレス加工技術をウリとしたシステムキッチンメーカーとして成長。

本社を名古屋市名東区に置き、現在は主にシステムキッチンや家具、照明などを販売するメーカーです。

そういうわけで、今回の記事では「トーヨーキッチン 大阪ショールームの詳細情報」についてご紹介します。

トーヨーキッチン 大阪ショールームへのアクセス


トーヨーキッチン 大阪ショールームは梅田駅から地下鉄御堂筋線「本町」駅まで地下鉄で一本。そこから徒歩4分で到着できます。

  • 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-1-3
  • 電話番号:06-6241-1040

地図

具体的なアクセスに必要な地図になります。

電車の場合(自分はこれで行きました)

梅田駅から地下鉄御堂筋線で「本町」駅まで地下鉄一本。
乗り換えはありません。

車の場合

自動車やタクシーだと、梅田駅から2.7km。
約11分です。
そんなに遠くはないですね。

トーヨーキッチン大阪ショールームの営業時間・休日

トーヨーキッチン大阪ショールームの営業時間・休日は下記の通りです。

公式:トーヨーキッチン大阪ショールーム公式ページ

  • 営業時間:11:00 – 19:00
  • 定休日:水曜日(祝日の場合は木曜日)/夏期/年末年始

トーヨーキッチン大阪ショールームのなかはどんな感じ?内観


トーヨーキッチン大阪ショールームはワンフロア構成で、ワンフロアとして500坪ということで、ワンフロアでは最大のフロア構成を誇っています。

右ウイングがキッチン展示

ショールームに入ってすぐはやはりイチオシの「ino cube(イノキューブ)」。

ステージにそれぞれのダイニングキッチンのレイアウトをするということで、名古屋ショールームなどと同じようなレイアウトイメージです。

売れ筋商品のひとつ「ベイ(BAY)」ももちろん展示してあります。

キッチンレイアウトはやはりアイランド型キッチンがほとんどですね。

大阪の特徴:キルトが全国で一番売れている


ステンレスの仕上げは「チタン研磨仕上げ(バイブレーション仕上げ)」などありますが、「キルト」仕上げが全国で一番売れているのが大阪だそうです。

「キルト」はキルト生地のような模様です。これをステンレス加工でできるのですから、なかなかすごい。技術力があるという意味でしょう。

左ウイングが照明を展示


トーヨーキッチンスタイルが総代理店になっている「Kartell(カルテル)」や「moooi(モーイ)」などの照明を展示しています。

トーヨーキッチンの詳細情報


トーヨーキッチンの特徴や強みなどなど、色々と聞いてきました。

トーヨーキッチン:イノ(iNO)

トーヨーキッチンはデザインが最大の特徴!特徴、価格は?評判・口コミは?iNO、CORE、BAYのキッチンの違いについてもまとめてます。

2019年1月9日
トーヨーキッチン大阪ショールーム