キッチンハウス上海ショールーム(中国)特集【キッチンハウス/キッチン】

こんにちは、
中国語知識ゼロで中国に行ってきました竹内です。

終盤には

「ニーハオ」
「謝謝」

とか、

若干の中国語っぽい言葉を放っていましたけれども、

はっきり言って、

「さっぱり何言ってるのか、わからん」

「まったくわからん」

そういう状態でして。

いくつかの訪問先には、
中国人の方がいらっしゃいまして、
日本語話せますから、
ありがたかったですね。

そんなわけで、

誰に話しかけられても、
何言っているのかわからない

という一種の特殊状況で。

僕はよくわからないんですが、
これまでの人生の経緯で、
英語を少しばかり話すことができますので、

完全に話す言葉は「英語」モードを
貫いていたんですけれども、

中国の方って、
中国語以外はできないということがわかりまして。

英語モードでも、
通用するのは、
宿泊した外資系(欧米系)ホテルのスタッフの一部

外資系(欧米系)ホテルのスタッフ全員ではないんですね

スタッフの数名が英語できるという状態で。

外資系(欧米系)ホテルでも、
それくらい少数ですから、

一般の状況下では、
いかに英語できる人少ないかがわかりますね。

それで助かったんですよ。

僕が中国語ゼロで、
まったく何言っているかわからないもので、

タクシーでマリオットホテルに移動したんですが、
降りるときに

「何か言いたいことあるみたいっぽいな・・・」

というシチュエーションなりまして。

でも、僕はご存じの通り、
中国語の「ち」の字もわからないわけで

タクシー運転手の人が何言っているのか、
さっぱりわかんなくて、
ホテルのスタッフの人で、一人英語できる人いて、

それで、中国語でタクシー運転手と話してもらって、
僕は彼と英語で話して、みたいな出来事ありました

オチとしては、
支払いの手段とか、現金がないとか、
そういうちょっと複雑な状況ございまして。

そういう話をしました。

まあ、助かりましたね。

英語でも意志疎通できる人がいるって、ありがたいな、と。

ちなみに、
彼にはチップをちょっとはずんであげました。

彼には感謝ですね。

他はトラブルを未然に防ぐ方法論を
徹底しまして、問題なくすごしました

トラブルを未然に防ぐ方法論とは、

つまりは中国語というか、
言葉を発することなく、
旅をする方法論
でございます。

中国語を

読めない、
聞けない、
話せない、

という状況下でも、
スムーズに移動したり、
行動したりできる方法論
です。

まあ、正直、
持ち上げるほどの内容ではないのですが、

ご興味ある方は
竹内に会ったときに、
お聞きください。

さて、ここまで、
思いっきり中国旅の話ということで、
関係ない話ばっかりしてしまっていたんですけれども、

今回のテーマは

「キッチンハウス上海ショールーム」

です。

行ってきました中国・上海

キッチンハウス上海ショールームへのアクセス

キッチンハウス上海ショールームは移転準備中、
ということで、

現在のショールームは
TOTOのビルのなか
にあります。

基本的に、
上海・中国で輸入家具、キッチン、設備が集まる場所

「凱旋路」

のところにあります。

ドイツのSieMaticとか、

輸入キッチン屋さんとか、

お高めな家具屋さんとか、

アメリカのKOHLERとか、

そういうブランド系の住宅設備店が
そろっているエリア
になります。

インターナショナルな輸入建材センターなんかもありました。

世界のTOTO・上海ショールームに

それで、どーん。

世界のTOTO 上海ショールーム

福岡・北九州に本社がありますTOTO。
社長室は北九州・小倉のミュージアムそばにあります。


▲社長室のあるTOTO本社。

そのTOTO上海ショールームビル2Fに、
キッチンハウス上海ショールームはあります

キッチンハウス上海ショールーム

キッチンハウスは中国では「TAJIMA」という
ブランドネームで活動しているようです

ソフトな框タイプのキッチンがあったり。

高級感ある黒いキッチンがあったり。

ロゴもちょっと違いますね。

中国では日本製ということでプレミアム

中国では、日本ほど規制が厳しくないということで、

日本では、空気中に出る有害物質の基準
F☆☆☆☆(Fフォースター)でなければ、
住宅建材として利用できません

ですが、
中国では、規制がゆるいそうで、
その2段階くらい下の基準でOK
だそうです。

中国の富裕層の方々は、
日本クオリティでつくられたキッチンということで、
評価されているそう
です。

それで、
実際に購入を検討して、

「いざ買うぞ」

という前には、
日本のキッチンハウス東京ショールームに、
訪れて、実物を確認されるそう
です。

中国の富裕層の方々は、
とってもリッチなので、
そういうのも気にならないそうです。

その後は、
銀座でショッピングしたりするそうです。

ちなみに、
中国で買いますと、
日本のキッチンハウスよりも、
お高い金額になります

それは、輸入手続きや輸送コストなど、
そういう関係が主なんですが、

それで2000万円のキッチンを
買ったりする方もいらっしゃるそうで、

中国は人口が多いですので、
そういう規模の話もよくあるそうで、
すごい国ですね。

キッチンで家が買えちゃいますね。

キッチンハウスについて、もっと詳しく知りたい方は・・・

キッチンハウスについては取材記事として、
深く詳しい記事をまとめています。

日本の高級システムキッチンブランドである
キッチンハウスについて、その特徴や強み、価格などについて記事にしています。

キッチンハウスは他のキッチンメーカーとどう違うのか?特徴、強みは?価格は?評判は?【高級キッチンメーカー各社の違い】

2018.07.18

キッチンハウス福岡ショールームの情報はこちら

キッチンハウス福岡ショールームはどんなところ?設計は?評判は?注目点は?【キッチンハウス/高級キッチンメーカー】

2018.07.18