ミーレの食洗機(食器洗い機)の歴史【ヨーロッパの食洗機の歴史】

ドイツの家電メーカー「ミーレ(Miele)」。
ミーレは洗濯機と食洗機が有名です。

今回はミーレの食洗機(食器洗い機)の歴史についてご紹介します。

ミーレの食洗機(食器洗い機)の歴史はヨーロッパの食洗機の歴史。

「ヨーロッパの食洗機がどういう進化をたどったか?」がわかります。

ミーレ(Miele)の食洗機(食器洗い機)のはじまり


1929年
ミーレはヨーロッパ初の国産電気食器洗い機を発表しました

1920年代、ドイツ経済はハイパーインフレによって困難な時代を迎えていました。そこからドイツ経済が徐々に回復していった頃。

ミーレ社はヨーロッパ初の国産電気食器洗い機を発表したわけです。

残念なことに、この発表のあと、世界大恐慌の時代に突入します。

世間では節約モード。

最初の顧客はケータリングを行う中小企業。大量の食器を洗う仕事がある会社でした。

個人向けには何年もの間、手の届かない贅沢品であり続けました。

ミーレ食器洗い機モデル EM sk8/4(1929年-1939年)


1929年に発表されたミーレ食器洗い機の最初のモデル

ワイヤーバスケットに入れる前に食器から食べカスを取り除かないといけませんでした。
3-4リットルのお湯を入れて、フタを閉めます。
それからスイッチをオン。

電動のプロペラがお湯をかき回し、食器洗いをするものでした。
汚くなった水が流れ、お湯をさらに投入します。
8分間で洗うものでした。

ミーレ食器洗い機モデルAK(1933年-1939年)


世界大恐慌が終わり、ミーレ社は再び食器洗い機市場に戻ってきました。
自動食器洗い機の時代になっていくことが確実視されていました。

パンフレットにはこう書かれていました。

「ミーレ社の食洗機はとっても速いです。5-8人分の食器をたった8分で洗ってしまいます」

このミーレ食器洗い機モデルAKは特にコストパフォーマンスに優れた家電製品として打ち出しました。

一般家庭用の通常バージョンだけでなく、飲食店やカフェなどといった企業向けに特別なバスケットを装備したバージョンもありました。

ミーレ食器洗い機モデルG10 (1960年-1963年)


ミーレによる全自動の食器洗い機は1960年に誕生しました。

ヨーロッパ全土で次世代の食器洗い機をリードするため、ミーレのデザイナーはまったく新しいシステムを開発しました。

以前の食器洗い機では、下のほうでプロペラが水を回転させることで、食器を洗浄していました。

この新しい食器洗い機では、食器のはいったバスケットを上下から、回転するスプレーアームのノズルから水を噴射させるようになりました

この新システムによって、食器の置く場所が問題にならなくなり、正面から2つの引き出し式バスケットに食器を入れることができるようになりました

フロントオープンの確立です。

ミーレ食器洗い機モデルG25 据置型モデル(1962年-1967年)


小さな家庭ではそこまで大きなスペースがありません。
そこでミーレは1962年にこの据置型の食器洗い機を開発しました。

コンパクトなので、置くスペースを選びません。
冷蔵庫の上、棚の上、地下室、壁の収納にビルトインなど。

洗浄技術は通常のものと同じでした。

つまり、上と下にスプレーアームがあって、2つのバスケットを洗浄するというかたちです。

ミーレ食器洗い機モデルG45(1963年-1966年)


このミーレ食器洗い機モデルはその高さという点において重要です。
キッチンのワークトップの下にフィットする高さは82cmだけでした。
そして同時にその容量も大きく拡大されました。

ミーレワイドジェットシステムという名称で、洗浄技術も進歩しました。

イメージとしては、水を蛇口から出して食器洗いすると、まあまあきれいになります。
その一方で、水をシャワーみたいなもので、ジェット噴射したら、もっときれいになります。

これがミーレのワイドジェットシステムです。

このミーレ食器洗い機モデルG45は当時最も売れた食器洗い機でした。

ミーレ食器洗い機モデルG50 (1966年-1971年)


食器洗い機におけるまったく新しい世代のモデルがこの「ミーレ食器洗い機モデルG50」でした。

「センセーショナル」という言葉がマッチするモデルです。

第一に、食器洗い機自体をたったひとつのダイアルでコントロールできるようになりました。

ノーマル、ショートコース、コールド、熱い食器など、プログラムをひとつのダイヤルで選択できるようになりました。

加えて、この「ミーレ食器洗い機モデルG50」はビルトインで軟水化システムが備わるようになりました。

水が硬水なエリアでも、軟水レベルで洗浄できるようになったわけです。

ミーレ食器洗い機モデルG500 (1970年-1973年)


「ミーレ食器洗い機モデルG500」のうたい文句はこうでした。

「この5年、ミーレ食器洗い機モデルG50よりいい食器洗い機が出なかったので、自分たちでつくりました」

特筆すべき特徴は「一体型ケース」です。

これは食器洗い機のキャビネットと外側のケースを一体型で作り上げるものです。

これによって、食器洗い機の安定性が高まり、また、断熱性が高まると同時に騒音の軽減にもつながりました。

それ以外にもいくつもの改善点があり、その結果、「ミーレ食器洗い機モデルG500」はヨーロッパで最も売れた食器洗い機になりました

ミーレ食器洗い機モデルG565 SU(1980年-1984年)


この「ミーレ食器洗い機モデルG565 SU」は世界初の自動洗剤量調整システムを持つ食器洗い機です。

ミーレの食器洗い機は洗浄サイクルによって、適切な洗剤の量を自動で独自で判断して使用するシステムを持つようになりました。

ミーレ食器洗い機モデルG595 SC (1987年-1995年)


この「ミーレ食器洗い機モデルG595 SC」はさまざまなイノベーションを持った画期的な新商品でした。

最も特筆すべき特徴は、本体のサイズはそのままに内部の容量を大幅に増加させたことです。
これによって、3つ目のバスケットをつくることができました。

「カトラリートレイ」として現在知られているバスケットです。

食器洗い機の一番上にあるバスケットです。

このカトラリートレイをつくることのできるメーカーは長らくミーレだけでした

カトラリートレイができた結果、すべてのカトラリーを効果的かつ、穏やかに洗い上げることが可能になりました。
傷がつくこともなく、出し入れもしやすくなりました。

参考までにカトラリートレイ以前のバスケットはこちら。

まとめ


ミーレの食洗機の歴史はヨーロッパの食洗機の歴史です。
100年くらいの間で、色々な進化を経て、現在の便利なミーレ食洗機になっています。

そもそもは1929年にヨーロッパ初の電気食器洗い機が誕生。
1929年頃の世界恐慌の影響を受けて、一般消費者には普及しなかった時代。

そして、コストパフォーマンスに優れた家電製品としての打ち出し。

1960年代に全自動の食洗機が誕生。
現在でも見られるスプレーアームのノズルから水を噴射するシステムであり、フロントオープン型食洗機の誕生。

1970年には食洗機の安定性と断熱性、騒音の軽減に寄与する一体型ケースが誕生。

1980年代にはマイクロプロセッサー技術の発展で、世界初の自動洗剤量調整システムを食洗機に導入。

1987年には3つ目のバスケット。
カトラリートレイが誕生します。

こうなると、ほぼほぼ現代の食洗機とさほど変わらないようなものになっています。

ただ、50年くらいで食洗機は大きく進化していったことがわかります。

現在、便利に食洗機を使うことで家事負担を軽減できていますが、これらの進化・イノベーションがあって、こんなに豊かな生活ができるのだな、と感じます。

ミーレ(Miele)についてもっと詳しい情報はこちら

ミーレ(Miele)については本サイトで色々と詳しく記事にしています。

ミーレの食洗機は他の食洗機とどう違う?サイズは45cm?60cm?価格は?洗剤は?デメリットはないの?【海外製食洗機で国内トップシェア】

ミーレの食洗機はビルトインタイプ。システムキッチン内に設置します
ミーレの食洗機は他の食洗機とどう違うのでしょうか?
サイズは45cmと60cmあります。価格は?洗剤はどうすれば?デメリットはないの?という疑問にお答えします。

ミーレの食洗機は他の食洗機とどう違う?サイズは45cm?60cm?価格は?洗剤は?デメリットはないの?【海外製食洗機で国内トップシェア】

2019年9月4日

「ミーレの製品って、どう良いんですか?」とミーレ・ジャパンに聞いてみた


ミーレ・ジャパンの方に「ミーレの製品って、どう良いんですか?」と聞いてみました。
日本では食洗機(食器洗浄機)が有名ですが、他にも調理機器や洗濯機などがあります。その特徴、強み、価格などなど・・・

【ミーレ(Miele)】「ミーレの製品って、どう良いんですか?」と聞いてみた。ミーレの食洗器、調理機器、掃除機、洗濯機…特徴、強み、価格はどんな感じ?

2018年9月15日

ミーレ(Miele)って、どんな会社ですか?

ミーレ(Miele)というブランドについて、また、会社について、その創業の成り立ちや歴史、特徴などについて取材してきました。

【ミーレ(Miele)】「ミーレ(Miele)って、どんな会社ですか?」と聞いてきた。ミーレの成り立ち、歴史、特徴など。

2018年9月14日

ミーレ食洗機(食器洗い機)の歴史

ミーレ食洗機の歴史はヨーロッパの食洗機の歴史。
ミーレの食洗機はどのような歴史を経て、進化していったのかをまとめています。

ミーレの食洗機(食器洗い機)の歴史【ヨーロッパの食洗機の歴史】

2019年1月14日

ミーレ洗濯機の歴史

ミーレ洗濯機はバター分離機から洗濯機へと転換したのがスタート。
ミーレの洗濯機の歴史をまとめています。

ミーレ洗濯機の歴史【洗濯機はどういう進化をたどったか?】

2019年1月18日

世界各地のミーレ・ショールーム

ミーレの製品@Amazon

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書