ステンレスキッチンは素材感のあるオシャレキッチン。特徴やメリット・デメリットなど

ステンレスキッチンのメリットデメリットなど

キッチンをどんなデザインにしようか、素材をどうしようか悩むと同時に、それは楽しい時間でもありますね。スタイリッシュでクールな印象のあるステンレスキッチンは料理好きな人にとっては憧れの存在ではないでしょうか。

今回はステンレスキッチンの特徴をお伝えしながら、そのメリット・デメリットについても詳しくお伝えしていきます。

記事の後半では、代表的なステンレスキッチンのメーカーもご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

ステンレスキッチンとは?

ステンレスキッチンとは、その名の通りステンレス製キッチンのことをいいます。

ただ、今回ご紹介するのはワークトップ(天板)だけがステンレスというキッチンではなく、キャビネットと呼ばれるキッチンの構造まで、すべてステンレス製のキッチンを対象に解説、ご紹介していきます。

見えないところまでステンレスにする必要があるの?と考えてしまいますが、ステンレスの特徴といえば、耐水性、耐熱性、耐汚染性です。

オールステンレスにすることでこれらのメリットが得られますので、次章から順に解説していきましょう。

メリット

では、ここからはステンレスキッチンのメリットを3つお伝えしていきます。

見た目がスタイリッシュでオシャレ

ステンレスキッチンのメリットといえば、まず思い浮かぶのがスタイリッシュな見た目です。

ワークトップだけがステンレス製であるキッチンとは違い、オールステンレスキッチンはキャネットやドアまですべてがステンレスのため、とてもクールな印象を受けます。

そのうえ、機能的で高級感があり、どこから見てもキラリと鈍い光を放つ美しい姿に、料理への愛が込められているような気がしますよね。

きれいで衛生的

ステンレスは英語では「Stainless」と書き、「金属がサビない」という意味があります。

その名の通り、ステンレスはサビにくい金属の代名詞といわれるほどサビに強い素材のため、衛生的でいつでも清潔に使うことができます。

また、汚れが染み込みにくいため、汚れたとしてもサッとひとふきで汚れが落ちて掃除がとても簡単です。万一しつこい汚れが付いたとしても、クリームクレンザーで手軽に汚れを落とせます。

また、ステンレスはレストランや料亭での厨房に使われたり、手術や診察で使われる医療器具はほとんどがステンレスが使われていたりしますよね。

それほど、ステンレスは清潔で、なおかつ衛生的なためニオイが付きにくい素材として利用されています。

長持ち素材

よくキッチンで使用される素材の中には、タイルや人造大理石などがありますが、どれも継ぎ目がありますので、その継ぎ目からカビやサビ発生してしまいます。日本は雨が多く、湿度の高い国ですのでタイルの目地にはカビが発生しやすいといえます。

その点、ステンレスキッチンならサビに強く、水がかかりやすいシンクとワークトップには継ぎ目でも、腐食せず長持ちします。

デメリット

サビにくく衛生的に使えるステンレスキッチンでも実は少しですが、デメリットがあります。

もらい錆のリスクがある

ステンレス自体はサビにくい素材ではありますが、絶対にサビないというわけではありません。サビの原因になるものと接触することでサビが発生してしまう、いわゆる「もらいサビ」をすることがあります。

サビの原因になるものとは、鉄製のお鍋や空き缶です。これらをキッチンに長時間置きっぱなしにすることでもらいサビが発生します。一度もらいサビが発生してしまうと、取り除くのが大変ですのでもらいサビが発生しないよう注意しましょう。

表面にキズが付きやすい

料理をしている最中に、ついうっかりお鍋のふたや調理器具を落とした経験がありませんか。お鍋やフライパンを収納しようとして、キッチンの扉にコツンと当ててしまった……という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ステンレスキッチンは比較的丈夫な素材ではありますが、ワークトップなど頻繁に物を置く場所はどうしてもキズがつきやすくなります。

ワークトップは、エンボス加工を施して傷が目立たなくなる工夫をしているメーカーもありますが、ステンレスキッチンは扉や引き出しの部分もステンレスのため、物が当たった衝撃で傷がつきやすいというデメリットがあります。

キズをつけたくないという方は、傷がつきにくい加工を施したステンレスキッチンを選ぶようにしましょう。

ステンレスキッチンの代表的なメーカー

ステンレスキッチンのメリット・デメリットを見てきましたが、ここからはステンレスキッチンを製造している代表的なメーカーをご紹介していきます。

サンワカンパニー

サンワカンパニーのキッチン
サンワカンパニーのキッチンは、ミニマルでかつ、スッキリとしたデザインが特徴です。

ステンレスのクールな印象と取っ手のない引き出しや収納扉が、さらにメカニカルですっきりとした感じを受けます。

サンワカンパニーでは、キッチンに統一感を演出するためオプションが豊富にあります。カップボードやキッチンパネルの色など、好みに合わせてデザインを選ぶことができます。

参考:サンワカンパニーのキッチンはミニマル×ステンレス。特徴、価格、工事など

toolbox

Toolboxは、キッチンのほか、内装建材や家具パーツ、住宅設備を製造販売する企業です。なかでもtoolboxのステンレスキッチンは、余計なものをすべて削ぎ落としたような潔いデザインが人気です。

そこにあるのは、まさにシンクとコンロだけ。足元には引き出しも収納扉もありません。必要であれば棚や食洗機も着けることが可能です。

クリナップ

クリナップはステンレスの住宅設備機器を得意とするメーカーです。特にステンレスキッチンには力を入れていて、「システムキッチン」という言葉もクリナップが作りました。

クリナップは日本国内のシステムキッチンメーカーとして、使いやすく衛生的で様々なこだわりの詰まったキッチンが特徴です。

まとめ

今回はステンレスキッチンの特徴やメリット・デメリットについてお伝えしてきました。傷がつきやすいなどのデメリットもありますが、スッキリとしたデザインでクールな印象はきっとキッチンを機能的で清潔感あふれる空間づくりの主役となります。

キッチンにこだわるなら、ぜひ一度ステンレスキッチンを検討してみてはいかがでしょうか。

ステンレスキッチンのメリットデメリットなど

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書