オーガニックスタジオ新潟・相模社長の講演「暑さ・寒さから守れる家が大切」@APWフォーラム2019福岡

オーガニックスタジオ新潟・相模社長の講演「暑さ・寒さから守れる家が大切」@APWフォーラム2019福岡

夏暑く、冬寒い家。
そんな家が日本のこれまでの家でした。

現在、きちんとした高性能な住宅(高気密高断熱住宅)を建築することで、本当に「夏涼しく、冬暖かい家」になるということをご存知ですか?

今回は福岡で開催されたAPWフォーラム福岡2019で行われたオーガニックスタジオ新潟・相模社長の講演「暑さ・寒さから守れる家が大切」を聞いてきましたので、まとめます。

ちなみに主催はAPWフォーラムということで、窓サッシメーカー大手のYKK APさんになります。


公式:オーガニックスタジオ新潟公式HP[外部リンク]

※注:下記に掲載の施工事例の画像につきましては、オーガニックスタジオ新潟・相模社長より許可をいただいております。

必要なのはエコハウス「暑さ・寒さから守れる家が大切」


「夏涼しく、冬暖かい家」という快適な家を作る方法はやはり高性能化です。高性能住宅=高気密高断熱住宅です。

ただ、現状はまだ高気密高断熱住宅は普及しているわけではなく、一般的な住宅はいまだに夏暑く、冬寒い家になっているようです。

夏暑く、冬寒い家は吹き抜け・リビング階段が問題に


オーガニックスタジオ新潟・相模社長は住宅相談を受けることも多いそうです。

その中には、従来の夏暑い、冬寒い家を新築した住宅にお住いの方からの相談もあるそうで吹き抜けが寒いので、どうしたらいいですか?」「リビング階段から冷気がきて寒いのですが、どうしたらいいですか?」といった相談をいまだに受けるそうです。

従来の仕様では吹き抜け・リビング階段は問題になるそうです。

具体的には相談者の方は「吹き抜けを作ったけど、寒すぎて天井作ってつぶしてしまう」ということになったケースもあるようです。

大手ハウスメーカーの住宅でも起こっているようで、クレームになっていたりするようです。

吹き抜け・リビング階段を快適に実現するには高性能化

そういうわけで、吹き抜け・リビング階段を快適に実現するには高性能化が重要になってきます。

じゃあ、実際にどこまで高性能化が進んでいるかと言いますと、高性能化のポイントの一つである窓で見ますと、九州の樹脂サッシの普及率は15%(YKK AP談)

正直、私(編集長・竹内)からみて、かなり低いな、と。

私(編集長・竹内)が仕事してます、でんホームでは樹脂サッシは当たり前、もっと高性能な木製サッシを使ったりしてます。もちろん、予算がない場合はアルミ樹脂複合サッシになるのですが、できる限り最低でも樹脂サッシをおすすめしています。

そういう意味で、15%が樹脂サッシということで、かなり低い水準に感じました。

実例:リビングにグランドピアノが置ける暖かい家


オーガニックスタジオ新潟・相模社長が公園でエコハウスの実例としてあげたのが「リビングにグランドピアノが置ける暖かい家」

2018年 日本エコハウス大賞 大賞を受賞された建物だそうです。すごいですね。

奥様が音楽の先生ということで、グランドピアノが置ける暖かい家が欲しいという要望で建てられた家だそうです。

概要

設計:i+i設計事務所(飯塚豊さん)
施工:オーガニックスタジオ新潟
敷地面積:256.56平米(77.6坪)
床面積:延べ床116.92平米(35.4坪)、1階62.58平米・2階52.53平米

外観


ピアノを置くので1階平面はやや大きめに設定。
階高・軒高を極端に低くした大屋根の構成を採用。
外皮面積を総二階建て並みの水準に抑えたそうです。

落雪を気にせず家に出入りできるように屋根は妻入りに。
窓については、東西北は窓を最小限に。
南はたくさんの窓を配置しています。

間取り


間取りはピアノ上部の吹き抜けと引き戸で室内がほぼワンルームになる構成。
さらに端から端まで見渡せる抜けや、行き止まりのない回遊動線を確保することで、広がりを演出。

温熱性能

温熱性能に関しては「HEAT20でのG2グレード」。

  • UA値=0.28w/㎡k
  • C値=0.56(実測)
  • Q値=0.96
  • 暖房負荷 21.1kw/平米
  • 年間電気代=20250円

設計:性能とデザインの融合は窓で決まる


快適な高性能住宅を設計する上でのポイントはやはり「窓」とのこと。

例えば、窓を同じサイズ、同じリズムにすることでデザインするといったことです。

また、「窓は良くしても、良すぎることはない」そうです。

窓(開口部)はAPW330の樹脂サッシだとしても、やはり冷えます。

これをもっと高性能な樹脂サッシAPW430にかえると、断熱性能が上がるので、やはり快適になります。

結露はしなくなりますし、冷えなくなって快適になります。

家じゅうで温度差がない家を作っていくには、やはり「窓」がポイントというわけです。

エコハウスのおすすめ書籍3選

最後にエコハウスの家づくりでおすすめの書籍3選をご紹介いただきました。

最高の断熱・エコ住宅をつくる方法:西方里見 (著)

1980年代より高気密高断熱住宅を設計し、海外への視察など、日本に最新のエコハウスの普及に努めてきた西方里見さんの著書。

なぜ、高気密高断熱住宅が良いのか。いい断熱材とは。窓の断熱が重要な理由などをまとめられています。

エコハウスのウソ:前 真之 (著)

東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授の前 真之さんの著書。

空調・通風・給湯・自然光利用など幅広く研究テーマとし、真のエコハウスを研究されていらっしゃいます。

本書では最新のデータで「エコハウスの常識のウソ」を実証データやシミュレーション結果をもとに論じています。

本音のエコハウス:鎌田 紀彦 (著)

室蘭工業大学名誉教授の鎌田 紀彦さんの著書。
木造住宅の高断熱工法の生みの親の一人として、日本でエコハウスの普及に努めています。

本書では、できるだけ簡単に安く省エネで快適な住宅をつくる方法、効率のよい全室冷暖房など、最新の省エネ化技術について解説されています。

まとめ


オーガニックスタジオ新潟・相模社長の講演は「暑さ・寒さから守れる家が大切」ということで、快適で暮らしやすい家を作るには高気密高断熱住宅にすべきということでした。

私も同感です。

実際に、高気密高断熱住宅を建てている人間としても、実際に暮らした経験のある人間としても、やはり夏涼しく、冬暖かい家になります。実際に本当に快適です。

コスト的には少しアップになりますが、そこまで大きなコストアップではないので、高断熱化して快適な家に35年間住むのと、ケチって高断熱化せずにそこまで快適じゃない家に35年間住むのとでは、やはり快適な家に長く住む方がいいと思うのです。

そういうわけで、高気密高断熱住宅はやはり大切だなと感じた講演でした。

関連記事

高気密高断熱住宅とは、特徴やメリットデメリット

高気密高断熱住宅とは?特徴やメリット・デメリットを解説!

2019年7月19日
樹脂サッシとは、特徴、メリット、デメリット

樹脂サッシとは?特徴、メリット、デメリットを解説!

2019年7月1日
アルミ樹脂複合サッシの特徴、メリットデメリット

アルミ樹脂複合サッシとは?特徴、メリット、デメリットを解説!

2019年7月1日
木製サッシとは、メリットデメリット

木製サッシとは?そのメリット・デメリット。価格やメンテナンスについて

2019年6月27日
全館空調とは?メリットデメリットなど

全館空調のメリット・デメリットは?実際どうなのか?

2019年4月6日

YKKAP特集【窓/サッシ】YKKAPの特徴・強みは?どういう会社か?APW330、エピソードNEOなどの商品ラインナップについて

2018年11月22日

▽窓・サッシについての疑問はこちらで解決!

▽いい断熱材を選んでエアコン1台で家じゅう快適に!

オーガニックスタジオ新潟・相模社長の講演「暑さ・寒さから守れる家が大切」@APWフォーラム2019福岡