アルミサッシとは?特徴、メリット、デメリットを解説!

アルミサッシとは、特徴、メリットデメリット

一口にサッシといっても木製・スチール製・樹脂製・アルミ製等様々な種類があります。

今回はアルミサッシについて解説していきます。

アルミサッシとは


アルミサッシとはアルミニウム合金で作られたサッシ(窓枠)のことです。

アルミサッシは現在はアルミ樹脂複合サッシの次に使われているサッシの種類になります。

『平成30年3月版住宅用建材使用状況調査の概要』によると、アルミ樹脂複合サッシは54.2%。ちなみに樹脂サッシは19.3%

アルミサッシカテゴリー全体で80.5%ですから、アルミ樹脂複合サッシが一番、アルミサッシが二番目のシェアです。木製サッシはほとんどシェアがないですね。

参照:『平成30年3月版住宅用建材使用状況調査の概要』一般社団法人 日本サッシ協会[外部リンク]

そのような背景があるので、日本ではおなじみの建材になっています。

アルミサッシはアルミニウム合金製のもので、高度経済成長期を期に比較的に安価であること・加工がしやすいという点から爆発的に広まり普及していきました

アルミサッシのメリットは?

では、アルミサッシの素材の特徴等から、アルミサッシのメリットについて触れていきます。

安価である

まず、アルミサッシは基本的に他の樹脂サッシや木製サッシに比べると安価であることが挙げられます。

最近の新築の注文住宅で、アルミサッシ(完全なアルミサッシ)はあまり使用されなくなってきています。減っている傾向にあります。それは結露するからです。

ただ、価格的にはアルミサッシが安価です。だからこそ、普及しました。

その次に安いのがアルミ樹脂複合サッシになります。結露がかなり減ります。だからこそ、現在、普及してきています。

実際、一棟の家で考えますと、アルミサッシからアルミ樹脂複合サッシに変更しただけで、数十万円アップになります。アルミサッシから、樹脂サッシにしようとすると、もっとアップします。価格としては安価です。

耐久性が高い

アルミサッシはほかの素材に比べて耐久性が高いです

また、見た目も比較的すっきりとした仕上がりにすることができます。強度があるためです。

また、腐食や錆びに強いという性質から寿命の長さもメリットとして挙げられます。

アルミサッシのデメリットは?


今度はデメリットについて見ていきましょう。

アルミサッシは金属でできています。
ということは熱伝導率が非常に高いということになります。

熱伝導率が高いとどうなるのでしょうか?

日本には四季がありますので、一年を通して暑い時期や寒い時期があります。

熱伝導率の高さから、夏の暑い時期には熱を通して部屋が暑くなり、冬の寒い時期には外の冷気が伝わり部屋の中が寒くなってしまいます。

また、エアコンでの温度調整効率が低下してしまうので、その分電気代がかさんでしまうといった事もあるでしょう。

そして、この特性により発生する厄介な問題は結露が発生してしまうという事です。

結露による水分で木材が痛む・クロスのめくれにつながる等、家を維持していく上で良くない事態になってしまうといった事がデメリットとして考えられます。

アルミサッシを作っているメーカーはどんなところがあるの?商品の特徴は?

木造住宅用のアルミサッシを製造・販売しているサッシメーカーは大手三社になります。「YKK AP」「リクシル(LIXIL)」「三協立山アルミ」の三社です。

単にアルミサッシといってもさまざまな商品がありますのでここではいくつか商品の特徴を踏まえて一部紹介していきます。

YKKAP特集【窓/サッシ】YKKAPの特徴・強みは?どういう会社か?APW330、エピソードNEOなどの商品ラインナップについて

2018年11月22日

YKK AP『フレミングJ』

フレミングJはアルミサッシですが、アングル部をいわれるサッシがスライド可動する手前の部分に樹脂を用いることで結露の発生を抑えることを目的に作られた商品です。

通常のアルミサッシより結露の発生を抑制することによってクロス浮きや木材の腐食に対する効果が期待できます。

また、ガラスも標準装備で複層ガラスを採用しており、単層ガラスに比べて遮熱・断熱性能が高くエアコン効率が上がることで省エネ効果も期待できます。

リクシル(LIXIL)『デュオPG』

デュオPGは、気密性・遮音性を売りにしています。

築年数が経ち、サッシも古くなった住宅で冬の寒い時期にすきま風で悩まされた経験はないでしょうか?

気密性が低いと風が入ってくることがありますが、デュオPGはA-4(2)等級で高気密を実現しています。

また、遮音性能を高めることで外からの車等の騒音をたり、逆に室内から室外への音楽等の音漏れを軽減する造りになっています。

三協立山アルミ『マディオP』

マディオPも樹脂アングル構造を採用しており、窓枠廻りの結露を軽減させてくれます。

他にも防犯性能の向上に着目していて、クレセント(鍵)の空かけ防止機能を搭載。

オプションにはなりますがダイヤル錠付きクレセントに交換する事ができる等、セキュリティ面を強化を意識した造りが特徴です。

▽窓・サッシについての疑問はこちらで解決!

▽いい断熱材を選んでエアコン1台で家じゅう快適に!

アルミサッシとは、特徴、メリットデメリット