無垢材フローリングのメリット・デメリット、種類と特徴は?

床は面積が大きいため、どのフローリング材を選ぶかによって部屋の印象が大きく変わってきます。

高級感があって温もりを感じられる無垢材フローリングへの憧れがあるものの、価格やお手入れのことを考えると二の足を踏んでしまう……という人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、無垢材フローリングのメリット・デメリット、そしてその種類と特徴をわかりやすくご紹介していきます

無垢材とはどういう意味ですか?

無垢材の無垢とは「混じりけのないもの、純粋なもの」という意味のこと。無垢材は、貼り合わせや継ぎ足しではない、切り出した天然の木をフローリング用にカットしたものをいいいます。

ふだんフローリングと呼ばれているものの多くは複合フローリングと呼ばれていて、合板などを複数貼り合わせたものの上にさらに化粧材を貼り合わせたものをいいます。

無垢材フローリングのメリット


無垢材のフローリングには、複合フローリングにはないメリットやデメリットがありますので、詳しくご紹介していきましょう。

肌ざわり、足ざわりがよい

床の素材をどうしようかと悩んでいるとき、無垢材のフローリングへの決め手になるといっても過言ではないのが、この肌ざわり、足ざわりの良さでしょう。

無垢材フローリングの良さはなんとなく知っていても、どう良いのかわからない。

そんなときに、ショールームなどで無垢材フローリングの上を歩くと、「無垢材のフローリングって、こんなにもやわらかくて気持ちが良いものなんだ」と衝撃を受けることでしょう。ベタつきの一切ない無垢材フローリングの感触は、一度体験してしまうともう複合フローリングには戻れないとさえ思ってしまいます。

あたたかい

無垢材フローリングを体験した人の多くは、床暖房などを施していないにもかかわらず、「ほんのりあたたかい」とおっしゃる方が多いものです。

「木の温かさ」とはよくいいますが、無垢材フローリングは体温を奪いにくいため、足裏から温もりを感じられるのです。

いいにおいがする

部屋の大きさに対する床の面積はとても大きく、素材一つで部屋の空気を変えてしまいます。無垢材は木が生きて呼吸をしていますので、床を無垢材フローリングにすることで家中が木の良い香り漂う空間になります

自然のものなので健康的

複合フローリングは木でできているとはいえ、合板や集成材を貼り合わせたものですので木材の風合いを感じることはほとんどありません。しかし、無垢材フローリングは「木そのもの」。木は生きています。とても健康的だといえるでしょう。

年月が経っても、味わいがある

無垢材のフローリングは、床に張ったばかりの新しい木の質感を楽しむのも良いものですが、年月が経つにつれ、家族の歴史と同じように色合いが変化し味わいあるものへと変わっていきます。これも無垢材フローリングの楽しみの一つです。

無垢材フローリングのデメリット

無垢材のフローリングの良さをお伝えしてきましたが、ここからは無垢の宿命ともいえるべきデメリットについてもご紹介しておきましょう。

やわらかいので、キズつきやすい

やわらかな無垢材は、どうしてもキズがつきやすいというデメリットがあります。人が生活する上で、床に物を落としたり、引きずったりすることがあるでしょう。そういった場合でも案外簡単にキズがついてしまうため、無垢材のフローリングを採用する枷になってしまうこともあります。

反ったり、まがったり、収縮する

無垢材は生きて呼吸しているため、夏や梅雨などの湿度の高い日には膨張し、冬の空気が乾燥する時期には収縮します。そしてそれを繰り返すうちに、フローリングとフローリングの間に隙間ができます。そのため、床鳴りしたり、見た目が悪くなったりする可能性があります

メンテナンスが必要(きれいに保つには)

無垢材のフローリングをきれいに保つには、メンテナンスすることをおすすめします。メンテナンスの方法は後述します。

メンテナンスしていなくても、特に腐ったりするわけではありません。

ただ、美観を保ったり、汚れにくくするには無垢フローリングを保護しておいたほうがよいので、きれいに保つにはメンテナンスが必要になります。

無垢材フローリングの主な種類と特徴

ではここからは、無垢材のフローリングに使われる木の種類とその特徴をみていきましょう。

一般的に針葉樹であるスギ、ヒノキ、パインは空気を含むためやわらかであたたかくキズがつきやすいという特徴があります。また、広葉樹のオーク、ウォールナット、チークは硬くてキズがつきにくいけれども、空気を含まないため少し冷たく感じるなど、木の種類によってさまざまな特徴があるのです。

スギ(杉)の無垢フローリング


杉は日本を代表するもっとも一般的な木材です。空気をたくさん含んでいるためやわらかく、温もりを感じやすい反面、キズがつきやすいという特徴があります。特に凹みキズが気になる木材です。

ヒノキ(桧)の無垢フローリング


ヒノキと聞くと「檜風呂」を連想するほど、香り高い木ですよね。ヒノキは油分が多いため水回りによく使われ、フローリング材としても適しています。また、ヒノキは杉より成長が遅く、流通量が少ないために高価ですが、ゆっくり成長することで杉より強度が高くなります。

パインの無垢フローリング

パインは欧州アカマツのことをいい、とても安価でスギやヒノキより比較的硬く、ある程度の強度があります。スギやヒノキを使ったフローリングが「和」だとすれば、パイン材のフローリングは「洋」という印象があります。

オークの無垢フローリング


オークは美しい木目が特徴の広葉樹です。とても硬いためキズがつきにくいという特徴がありますが、その反面、スギやヒノキに比べると触ったときに冷たく感じられます。

ウォールナットの無垢フローリング

ウォールナットはクルミ科の広葉樹で、欧米では古くから床材として用いられてきました。濃い色合いでやや光沢を帯びた質感は、高級感とシックな雰囲気を感じさせてくれます。

とても硬くてキズがつきにくいため、耐久性が高いのですが、やや高価なのが玉に瑕です。

チークの無垢フローリング


チークの無垢フローリングは、とても美しい木目が特徴で、古くから船の甲板にも使われるほど耐久性があります。また、無塗装でも独特のしっとりとした光沢があり、使い込むほど色や光沢が増していきます。

無垢材フローリングのメンテナンス・お手入れ方法

無垢材のフローリングをいつまでもキレイに保つためには、メンテナンスが必要になります。そのお手入れ方法をお伝えしておきましょう。

基本は乾拭き、水拭き、オイルなどの塗装

無垢材のフローリングのお手入れは、基本的に雑巾で乾拭きをしてほこりを取り除くことだけです。

ドライタイプのフロアーワイパーは使用できますが、化学薬品を染み込ませたモップなどは、木を変色させてしまいますので使用を控えましょう。

また、どうしても気になる汚れがある場合は、水で濡らして硬く絞った雑巾で拭き取りますが、できるだけ水拭きは避けましょう。

さらに、半年から1年に一度程度は無垢材フローリング専用のオイルなどで塗装します。この場合の塗装は表面に膜を作るのが目的ではなく、カサカサした肌にクリームを塗るように木が自然に持つ保護力を高める意味で使用します。

蜜蝋ワックスがおすすめ

蜜蝋ワックスは水を弾き、木材を保護するにはとても優秀です。

蜜蝋ワックスの原料は、六角形のハチの巣と、えごま油やアマニ油などの植物油からできています。「ワックス」という名前がついていますが、すべて天然の素材でできていますのでとても安全です。

必要以上の量を塗り込まないようにするなど、塗装には少しコツが必要ですが比較的失敗の少ない塗装材です。蜜蝋ワックスを塗装することで小さなキズは隠れてしまいますし、マットで上品に仕上がります。

オイルなら、リボスかオスモ

リボス、オスモはどちらもドイツの自然塗料のメーカーです。

リボスの主成分はアマニ油、オスモは植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)を主成分としていますので、安心して使用できます。

どちらが良いというわけではなく、仕上がりや使用感に違いがあるのです。リボスは伸びがよく塗装しやすい反面、オスモは伸びにくいため塗装に時間がかかります。

また、オスモにはひまわり油のほかに植物性のワックスが配合されているため撥水効果が期待できる反面、リボスと比べるとツヤが出やすいなどの特徴があります。

無垢材の良さを長く楽しむために、定期的な塗装を欠かさないようにしましょう。