陸屋根とは?メリット・デメリットを解説!

  • 「陸屋根(ろくやね・りくやね)という言葉を聞いたのですが、どういう意味ですか?」
  • 「四角い家がありますが、屋根形状をなんと言いますか?」
  • 「フラットな屋根のことが陸屋根ですか?」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

陸屋根(ろくやね・りくやね)とは?

陸屋根(ろくやね・りくやね)とは平面状の屋根のことをいい、別名フラットルーフとも呼ばれています。一般的には平屋根と呼ぶことも多いです。

陸屋根は水平な屋根をいいますが、完璧な水平になっていることはほとんどありません。なぜなら、雨水を流すためには必ず勾配が必要だからです。

しかし勾配があるとはいえ他の屋根よりも水捌けが悪くなることも多いです。そのため陸屋根には軽度の勾配のほか排水溝の設置も義務付けられています。

陸屋根は雨が多い日本では敬遠されることもあったようですが、防水技術や排水技術の発達とともに進化を遂げ、採用されることも多くなっています。今では多くの方に親しまれる人気のデザインになっているのです。

よく見かける四角いかたちをした家が陸屋根で作られている家です。おしゃれでモダンなイメージ、スキッとしたスタイリッシュな印象を与えるので人気なかたちの家ですね。

陸屋根のメリット

陸屋根にはさまざまなメリットがあります。メリットをご紹介していきます。

屋上として活用できる

一つ目は屋上として活用できるということです。

一般的な屋根に屋上を作ることはできませんが、陸屋根であれば可能です。ベランダやバルコニーのスペースのように、家庭菜園やガーデニングにも利用することができます。屋上は比較的目立ちにくい場所ですし、自分の趣味に没頭することもできるでしょう。

またスペースがあるため太陽光発電の設置も可能です。太陽光発電の設置にはスペースが欠かせません。陸屋根のように広いスペースがあれば安心です。ただし、陸屋根の構造によっては活用できない場合もあります。利用する前には確認しておくことが必要です。

階段で上がれる場合、メンテナンスが容易

階段で上がることができる場合になりますが、メンテナンスが容易です。

勾配がきつい屋根はメンテナンスの確認作業自体が危険で難しいことも多いです。しかし老朽化が進めば傷みやすくなりますから、メンテナンスはしなければなりません。

陸屋根の場合は水平である分メンテナンスが簡単です。長期的に住むのであれば、このように簡単にメンテナンスできる方が安心だといえます。

また、陸屋根は足場が必要ない分無駄なコストを減らせます。もちろん、外壁のメンテナンスには足場が必要になるでしょうから、コストはかかるかと思いますが。

陸屋根のデメリット

では、陸屋根のデメリットはどのようなものでしょうか?

夏場に屋根に近いところが熱くなる

これは一般的な屋根の住宅でも同じようなことではありますが、夏場に屋根に近いところが熱くなるというデメリットがあります。

もちろん、構造や断熱材、その材質にもよりますが、天井と屋根の間がそこまで大きな空間がない場合も多く、屋根からその下の天井までがとても熱くなります。そのため、部屋も暑くなる可能性があります。

陸屋根そのものに直射日光が当たり、温度が上昇しますから、それが影響して熱いというわけです。

特に太陽の高度が高くなる昼間は注意しなければなりません。暑さを軽減させるにはウッドデッキ加工や緑地化をするのも方法の一つです。なるべく直射日光を当てなければ温度の上昇を防げます。

定期的なメンテナンスが必要になる

次のデメリットは定期的なメンテナンスが必要になるということです。

陸屋根の場合、通常の勾配のついた屋根とは異なり、FRP(繊維強化プラスチック)や塗装による防水、シート防水などによって防水しています。

これらの防水は共通して、定期的なメンテナンスが必要になります。

トップコートと呼ばれる、最も表面にある層をコーティングする必要があり、これを定期的にしていないと防水層が劣化して雨漏りにつながります。

ですから、定期的なメンテナンスが必要になりますし、また、メンテナンスにお金が必要になります。

雨漏りしやすい

最後のデメリットは雨漏りしやすいということです。

これは前述しましたが水平の屋根である分、水が溜まりやすくなり起こります。加えて、通常の屋根材であるコロニアル、スレート瓦、和瓦、ガルバリウム鋼板に比べて、メンテナンスをきちんとしていない場合に雨漏りするリスクが高い屋根になります。

特に梅雨のシーズンや豪雨になると注意が必要です。

きちんと防水処理やメンテナンスをしなければ雨漏りする可能性が高くなります。特に木造住宅の場合、かなりリスクが高くなります。雨漏りのトラブルは生活に直結することです。

建築前にはきちんと考慮することが重要です。

防水材料や建築技術も発展していますが、経年劣化は避けられません。そのため定期的にメンテナンスしていくことが重要です。