ルーバー窓とは?特徴、メリット、デメリットを解説!

ルーバー窓とは、特徴やメリット、デメリット

ルーバー窓とはどんな窓?

ルーバー窓とはジャロジー窓も呼ばれている窓のことで、細長い複数のガラスをブラインドのように並べて、窓の脇に付いているハンドルを操作する事によって、ガラスの角度を調整し、開閉する窓の事です。

もともとは農業用の温室など屋外での使用を考えて開発された窓で、1990年代には一般住宅での使用が増加しました。

一般住宅では浴室やトイレ、台所等の換気性が求められる場所の窓に採用されています。

ルーバー窓にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ルーバー窓のメリット


ルーバー窓には次のようなメリットがあります。

  • 換気性に優れている
  • 角度が調整できるので、窓から内側を隠せる
  • 一部のガラスが破損しても交換が容易で、安価に修理ができる。
  • 他の窓に比べて、開口部が広くなる。

というようなメリットです。

これらのメリットはルーバー窓はガラスをブラインド状に組み合わせた窓である事に起因します。

換気がよい

開閉する場合、ほとんどの製品は窓の脇に付いてるハンドルを回すのが一般的です。

ハンドルを回す事により、ガラスに角度がついて開閉されるので、雨天時でも雨水の侵入を防ぎながら換気できます。ガラスの角度を小さくすると開口部が小さくなり、角度を大きく取ると大きく開きます。

簡単に開閉の調節ができるので、窓の外の状況に応じて換気できるので、換気性は優れているといえます。

角度調整して、外から見えづらくできる

ルーバーの角度を調整する事により外側から内側を見えづらくできます。

通常の一般住宅用のルーバー窓のガラスは擦りガラスなどの透過性が低いものが使用されているため、ガラスの角度を小さくすることにより通気をしつつ、外側から内部を視認する事を防ぐことができます。

ガラスの角度を大きくしてやると、ガラスは水平になるため内側から外を、逆に外から内側を見る事ができます。この場合でも、人や大きな動物は通り抜けられないのも安心感を生みます。

ガラスが割れても、部分的に交換できる

ルーバー窓は細長いガラスをブラインド状に複数組み合わせた窓のため、一枚ガラスが割れた場合、その割れた一枚だけを交換することが出来るため、ガラスの費用を抑える事ができます。

開口部が広くなる

角度調整して、全てのガラスが水平になった時、最大の開口面積になるため、引き違い窓や上げ下げ窓では、ガラス面が可動してどちらかの面に寄る分開口面積が狭くなるのに対して、どちらにも寄らないため、同じ大きさの窓であればルーバー窓の方が開口面積が広くなります。

ルーバー窓のデメリット

当然、ルーバー窓にはデメリットもあります。

気密性が低い

複数のガラスをブラインド状の組み合わせているため、どうしても隙間ができやすく気密性が低くなります。

そのため隙間風が侵入したり、ゲラ豪雨や台風のような大雨の時には隙間から雨水が侵入する事もあります。気密性が低いため、隙間から熱が逃げていきますので、熱損失も大きくなります。

窓の断熱性は低い

また、複数のガラスを組み合す構造のため、複層ガラスを使うことが出来ず、単板ガラスで構成されます。その結果、断熱性が低くなります。

そのため寒冷地での使用には向きません。断熱性が低いため、冬場窓付近で空気が冷やされ、冷えた空気が足元に降りてきて、冷気を感じる事があります。風呂場では寒さを感じる場合があります。これも断熱性の低さが原因です。

ところが、複層ガラスを使用した新製品が開発されたため、断熱性の問題はいずれ解決するかもしれません。

防犯性が低い

ルーバー窓の利用が急速に減った原因の一つでもあります。

ルーバー窓は構造上、簡単に音を出さずにガラスを外すことが出来ます。一枚では通り抜けれませんが、複数のガラスを外すと簡単に侵入できてしまいます。

気密性のところでも説明しましたが、隙間があるため外部からでも簡単にガラスを破壊することが出来ます。ガラスの取り外しは慣れれば1分ほどで人が通り抜けられる程度のガラスを外すことが出来るため、防犯上のウィークポイントとなります。

防犯上、外側や内側に格子を取り付けて侵入を防止するなどの対策を必要とします。格子を取り付ける場合も工夫が必要となります。ルーバー窓の構造は、ブラインド状のガラスが外側に出っ張る構造になっているので、格子等を取り付ける専用部材を使用しなければならないため、割高になってしまいます。

価格も高い

ルーバー窓は構造が複雑なため、高価な窓でもあります。

そのため、導入費用が高い事もデメリットです。

また、複雑な構造に起因して、ハンドルの破損によって開閉ができなくなるトラブルや一部のガラスだけが可動しなくなったり、メンテナンスに手間が掛るのもデメリットでしょう。

寒冷地では部品が凍結して、操作が不能になったり、無理な操作でガラスが破損する場合もあります。

ルーバー窓は使う場所を選んで

ルーバー窓は換気に優れて便利な窓です。

防犯性の面では非常に問題を抱えていますが、格子やプロテクターといったグッズを併せて使うことにより問題をクリアする事ができます。

メリットとデメリットをよく検討したうえで、取り付け場所をよく考えて上手に利用しましょう。

▽窓・サッシについての疑問はこちらで解決!

▽いい断熱材を選んでエアコン1台で家じゅう快適に!

ルーバー窓とは、特徴やメリット、デメリット