システムキッチンの寸法(サイズ)まとめ。幅やサイズ感など、知っておくべきことまとめ

システムキッチンの寸法、サイズまとめ

システムキッチンの寸法の重要性とは?

システムキッチンとはサイズやカラー・色に統一感があって、構成部材として収納(引出しなど)、加熱機器(IHヒーター、ガスコンロ)、食洗機、シンク、作業台といったものが一体として組み合わされたものを指します

システムキッチンは一体化することですっきりとした見た目と効率的な調理を可能にします。システムキッチンにはメーカーごとに様々なデザインや機能があり、システムキッチンを選ぶ際にはそれらに目が行きがちですが重要なのは寸法(サイズ)です。

キッチンは毎日料理を作る場所のため、使いやすさが非常に重要です。

使いにくいキッチンは作業に無駄な動きが多く必要だったり、料理中に腰が痛かったりなど小さなストレスが溜まってしまいます。これらはシステムキッチンの寸法が合っていないために起こっていると考えられます。

システムキッチンの寸法(サイズ)は使いやすさに直結するので、奥行や間口、シンク、コンロの規格サイズなどを事前に知っておくと、かしこい選択をできるようになります。

システムキッチンの標準的な寸法(サイズ)は?

システムキッチンの標準的な寸法についてご紹介していきます。

システムキッチンの間口幅(ワイド幅)まとめ

システムキッチンの間口幅(ワイド幅)は最も一般的なものが注文住宅の場合、2550mm(255cm)になります。

また、2400mm(240cm)のキッチンの場合もありますし、2700mm(270cm)のキッチンの場合もあります

ただ、これはI型レイアウトのキッチンの場合なので、L型レイアウトii型レイアウトアイランド型レイアウトの場合はそれぞれ間口幅は変化します。

間口の寸法には配置やシンク、コンロの大きさによって大きな幅が出ます。実際にはこれらのシステムキッチンの標準的な寸法を基準として、キッチンを実際に使用する人に合わせて微調整するのが理想です。その他にもシステムキッチンの寸法を決めるためのポイントがありますので参考にしてください。

キッチンレイアウト

どんなキッチンレイアウトが使いやすいの?

2019年5月20日

システムキッチンの奥行まとめ

システムキッチンの奥行は一般的な壁付けI型レイアウトであれば60cm、65cmが標準値です。

対面キッチンの場合には製品によって違ってきます。

料理をする際に手を伸ばして届く範囲として最適なのが奥行が65cmとされています。

これ以上の奥行がある場合には奥まで手が届きにくく使いにくいキッチンになってしまいます。

対面キッチンの場合には、反対側に回り込むことができるため65cm以上の奥行があっても問題ありません。

「キッチンスペース」を決めることが大切

システムキッチンの寸法は、部屋自体の寸法から決定することができます。

どれだけのスペースをキッチンに使用するか、そのスペースの中に何をどれだけ置くかによってシステムキッチンのおおよそのサイズが割り出されます。

例えばキッチンスペース内に食器棚や冷蔵庫、ワゴンなどを置きたい場合には、それらを考慮した上でシステムキッチンのサイズを決定します。

この時に注意する点としては、キッチンスペース内の通路の確保です。

シンクや調理スペースを広くとりたいためにキッチンスペースに対してオーバーサイズのシステムキッチンを選んでしまうと、通路が狭くなるなど使いにくいキッチンになってしまいます。使い勝手のいいキッチンのためには最適なサイズのシステムキッチンを選択してください。

キッチンの寸法と「間取り」の関係

システムキッチンの寸法を決める際にはキッチンの間取り(配置)も重要です。

間取りは動線にも深く関わってきます。キッチンは特に料理などの作業をするため動線(人の動き)が複雑です。

冷蔵庫からものを出す、キッチンの調理台で作業をする、コンロで加熱調理をする、シンクで洗い物をするなど、キッチンでは多くの作業を行います。

この動線をできるだけスムーズにできるように考慮すれば、無駄な動きが減り調理時間の短縮も可能です。システムキッチンの寸法もこの動線を邪魔しないように考えた上で決定することで、キッチンでの作業を快適にすることができます。

システムキッチンの寸法(サイズ)と身長は関係してます

システムキッチンを実際に使用する人の身長に合わせて寸法を決定します。

身長で決定するのは、主にシステムキッチンの高さです。

キッチンの高さは低ければ腰に負担がかかりますし、高すぎると腕に負担がかかってしまいます。

負担の少ないシステムキッチンにすれば作業効率もあがり、疲れの少ないキッチンにすることが可能です。

キッチンの高さの目安としては身長÷2+5 cmです。

この計算で目安の高さが割り出されますので、この高さを基準値として実際にキッチンを使用して高さを決定するのがベストです。

収納にも注意

システムキッチンの寸法の決め方のポイントの一つは「収納」です。

キッチンには収納が必要ですが、物を取り出しやすい収納でなければ使い勝手が悪いだけです。

キッチンを使用する人の身長や収納する物の量などを考慮すると、必要なシステムキッチンのサイズが割り出せます。

システムキッチンと収納のバランスがバラバラだと、すっきりと片付けるのが難しくなります。収納の扉や引き出しも取り付ける場所を間違えると、開けにくかったり動線の邪魔をしていまいます。

▽キッチンの知識・完全マップ。キッチンに詳しくなれます!

キッチンの知識

キッチン選びに失敗しないためのキッチンの知識66

2019年6月24日
▽人気のシステムキッチンメーカーをまとめています!一気見できます!

人気のシステムキッチンメーカーをリストアップ

人気のシステムキッチンメーカー13選!【自分らしいキッチンを見つける方法】

2019年5月1日
▽オーダーキッチンの特徴や選び方がこの記事で丸わかり!

オーダーキッチンの特徴・価格・選び方!実例やメーカー、ポイントもご紹介!

2018年12月29日
システムキッチンの寸法、サイズまとめ