掃き出し窓とは?特徴、メリット、デメリットを解説!

掃き出し窓とは、特徴やメリット、デメリット

掃き出し窓とは

掃き出し窓とは、窓の最下部が床と同じ高さの窓です。

元々は室内のゴミを外へ掃き出すためのもので、掃き出し窓といえば小窓であることがほとんどでした。しかし掃除機の普及で本来の役割は失われ、現代ではもっぱら、リビングとバルコニーや中庭などを繋ぐ出入り口として取り付けられています。

よって現代の掃き出し窓は、人が出入りできるほど大型であることが多いです。

日本でオーソドックスなのは引き戸式ですが、ヨーロッパでは外開き式の掃き出し窓がメジャーです。

家のデザインや生活スタイルによっては、日本でも外開き式の方が適していることもあります。

2階の掃き出し窓

掃き出し窓は多くの場合1階に取り付けられるものですが、2階の部屋とバルコニーを繋ぐことも可能です。

ただし、その場合は窓の下に、120ミリ以上の「立ち上がり」を設置けることが法律で定められています。

バルコニーから室内への浸水を防ぐためです。

よって、窓の最下部と床を同じ高さにすることはできません。出入りの際はこの立ち上がりをまたぐ必要があるため、人によっては不便さを感じることがあるでしょう。

この問題は、踏み台の設置や床の底上げなどで解消されることが多いです。

掃き出し窓のメリット

掃き出し窓は、室内へ日光を取り入れるのにぴったりな窓です。

特に天井まである大型のタイプでは、遮るものが無いため日光がダイレクトに差し込みます。通気性も良くなるため、まるで自然の中にいるかのように爽やかな空間が手に入ります。

風がよく吹き込むため、湿気によるジメジメした空気やカビを防ぐ効果が期待できるのもメリットです。また見た目にも開放感を生み、小さめの部屋でも実際の面積以上に広く見せてくれます。

1階であれば立ち上がりを設ける必要がないため、部屋を外と地続きのように見せて広さを演出することも可能です。

バルコニーや中庭を子どもの遊び場にすれば、掃き出し窓からはその様子がよく見えます。これなら子どもだけで遊ばせていても安心です。

また室内外の出入りがしやすいため、何かあればすぐに駆けつけられます。この出入りのしやすさは、外でバーベキューなどをしたり、マットレスや布団といった大きな洗濯物を干したりするときにも便利でしょう。

掃き出し窓を取り付けると、開口部が広いことで人やモノが楽に出入りできるようになるためです。

いざというとき、掃き出し窓が非常口に

そして、掃き出し窓には災害が多い日本ならではのメリットがあります。
いざというとき、窓を開けておけば非常口として機能することです。

大人数の家庭であってもスムーズに外へ出られますし、部屋によっては玄関へ向かうよりも早く脱出できると思われます。緊急時の非常口としてコンパクトな掃き出し窓を設置し、普段は勝手口として利用するのも有効でしょう。

掃き出し窓のデメリット

掃き出し窓には、第一にプライバシー確保の点で問題があります。大きな窓からは外がよく見える反面、逆に外からも室内がよく見えてしまうためです。

家の周りが塀で囲まれていなければ、プライバシーのためにはカーテンやブラインドで窓を覆うことになるでしょう。しかし、それでは日光や風が入らず、掃き出し窓を取り付けた意味があまりありません。

また外から室内が見えるということは、防犯上のリスクもあるということです。不在であることが分かれば空き巣に狙われやすくなりますし、のぞきや盗撮の不安もあります。鍵が開いていれば侵入も容易です。

掃き出し窓を設置するなら、外から室内が見えない場所にするなど、プライバシーや防犯への対策も必要になります。

日光がよく入ることはメリットであり、デメリットでもあります

掃き出し窓によって日光がよく差し込むことは、メリットであると同時にデメリットにもなり得ます。

部屋が温まりすぎて、夏には室内が非常に暑くなるためです。子どもやお年寄り、ペットがいる家では、熱中症対策に冷房が欠かせません。その分の電気代もかさむことも予想されます。

一方冬が近づけば、今度は冷たい風が大量に吹き込むことになります。よって、掃き出し窓がある家は「夏熱く、冬寒い家」になってしまいかねません。

▽窓・サッシについての疑問はこちらで解決!

▽いい断熱材を選んでエアコン1台で家じゅう快適に!

掃き出し窓とは、特徴やメリット、デメリット