横すべり窓(横すべり出し窓)とは?メリット・デメリット

横すべり出し窓とは
  • 「窓・サッシについて検討していますが、どんなものがありますか?」
  • 「横すべり出し窓という窓について詳しく知りたいです」
  • 「横すべり窓のメリット、デメリットについて知りたい」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回の記事では「横すべり窓(横すべり出し窓)とは?メリット・デメリット」についてご紹介します。

横すべり窓(横すべり出し窓)とは?

横すべり窓(横すべり出し窓)とは窓枠の左右に作ったレールに沿って開閉させる作りになっている窓を指します。

窓が建物の外側にせり出し、ひさしのような形状になるのが特徴です。

横すべり窓はトイレや浴室、洗面所など狭く湿気が籠りやすい部屋に多用されていますが、これは窓を開ける角度の調節が容易なメリットがあるためです。

室内の温度や湿度の微調整を行うには窓の開閉の角度調節が容易な横すべり窓が最も向いています。特に浴室は裸でいる部屋なので外側から覗かれないことが肝心です。

横すべり窓なら視界を遮りながら換気用の空間を確保できるので、第三者に室内を覗かれるリスクを減らして室内環境を良好に保つことができます。

メリット

横すべり窓のメリットとして、どのようなデザインの建物にも違和感なく馴染む点が挙げられます。

板ガラスが使われる以前の時代から横すべり式の窓は地域を問わず多用されていました。

これは横すべり窓の構造が単純であり、メンテナンスも容易だったことが大きな理由です。維持コストが低いのでお城や要塞の他、庶民の住宅でも普通に使われていました。

現在の横すべり窓はアルミサッシのレールやバネが使われているので仕組みはやや複雑ですが、基本的な構造は変わっていません。

デメリット

その一方で横すべり窓は窓の開閉用のスペースを確保しなければいけないデメリットがあります。

窓を外側にせり出す形になるので、窓の大きさ分の空間が必要です。

また、横すべり窓は丈夫で窓の重みを支える形になることから、窓をあまり大きくすることができません。

しかし、窓をあまり大きく作ることができないデメリットは侵入被害に遭いにくいメリットにも繋がります。窓そのものの寸法が小さく、人によっては通り抜けることもできないので防犯性が高いと言えます。

横すべり窓はあまり大きく場所を取ることができないので換気に時間がかかるのもデメリットの一つですが、現代の一般住宅では浴室のように狭い部屋で用いられるのが普通なので支障はほとんどありません。

また、サッシやガラスの軽量化にこだわればある程度は大きく場所を取ることができるので、デザインにこだわった住宅に用いることが可能になります。しかし、横すべり窓は連結部分に窓の重みがかかる構造になっているので耐久性が低く、破損しやすい点を注意しなければいけません。

家づくりでのポイント

住宅を新しく建てる場合、狭く湿気が籠りやすい部屋の窓には横すべり窓を取り入れるのが居住性を上げる工夫です。

横すべり窓は開閉時の空間に余裕を持たせる必要がありますが、防犯性が高く覗かれるリスクも低いので家内安全と居住性の向上を両立させるには必須です。

また、窓を外側にせり出す構造は建物の外観に強いアクセントをもたらすことができます。建物に華やかな雰囲気を持たせ、周りとの差別化を図ることに役立つのも特徴の一つです。

同じ新築物件でも横すべり窓の有無で外観の美しさから居住性まであらゆる事柄が大きく変わるのは決して過言ではありません。長く暮らすマイホームにするなら、湿気の籠りやすい部屋に横すべり窓を取り入れるのは不可欠な条件と言えます。

横すべり窓を新築住宅に取り入れるなら窓の設計に慣れている業者を選ぶことが重要になります。新しいデザインに対応できる、柔軟性が高い優秀な業者を選ぶのが理想のマイホームを建てるための第一歩です。

横すべり窓についても古い価値観に縛られない、自由なイメージで設計を行うのが満足できる結果を得ることに繋がります。横すべり窓を取り入れている住宅物件を見学して室内の雰囲気を体感することも重要なポイントです。

窓のデザインによる室内環境の違いをよく観察することが住み心地の良いマイホームを建てるのに必要な準備となります。

横すべり出し窓とは