造作キッチン(工務店製作)の特徴、違い、メリット・デメリット

造作キッチンのメリットデメリット
  • 「造作キッチンとはどんなものですか?」
  • 「キッチンを工務店で製作できると聞きました。詳しく知りたい」
  • 「造作でキッチンを作りたい。情報を知りたい」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回は「造作キッチン(工務店製作)の特徴、違い、メリット・デメリット」についてお伝えします。

造作キッチン(工務店製作)の主な特徴とメーカー品との違い

では、造作キッチンの特徴やシステムキッチンメーカーのキッチンとの違いについて見ていきます。

自由度が高い

造作キッチン(工務店製作)の特徴として挙げられるのは、自由度の高さです。

造作キッチンは顧客のニーズに応じて高さや幅の調節、シンクやカウンターの素材の種類、引き出しの数や収納容量の大きさまで選ぶことができます

更に昇降棚や手すりなど、バリアフリー対策も万全です。

コンロをIHにするかそれともガスか、食洗機をつけるかどうかといった選択をはじめ、設備のメーカーや機能に至るまで自由に選べる楽しさは、市販されているシステムキッチンでは味わうことができません。

一般的には作ることが難しいとされる、楕円形やひし形のキッチンを作ることも可能となっています。

好きな設備を導入できる

市販されているシステムキッチンとの一番の違いは、メーカーにとらわれることなく好きな設備を導入できることです。

システムキッチンは販売している企業によってメーカーが限定され、選択肢が少なくなっています。また、既に持っている物と組み合わせることができません。

造作キッチンの場合、以前のシステムキッチンで使用していたコンロや食洗機がまだ新しいから付け直したい場合や、他の人からもらったビルトインのオーブンを組み込みたいといった顧客自身の事情にも誠実に対応することが可能です。

また、身体的特徴から、市販のシステムキッチンのサイズでは調理しづらいといった人にも対応してくれます。家の間取りや採光性、風通しのよさなどを含めて、空間に配慮したキッチンにすることも可能です。

もちろん、「ミーレの食洗機」や「ガゲナウの食洗機」といったシステムキッチンメーカーでは取り扱いが難しい、海外製食洗機もいけます。

造作キッチン(工務店製作)を導入するメリット

では、造作キッチンを導入するメリットはどのようなものでしょうか?

こだわりを大切にできる

造作キッチン(工務店製作)を導入する際のメリットとして挙げられるのは、こだわりを大切にできることです。

狭小住宅で市販のシステムキッチンが入らないところでも、機能が充実した物を取り入れることができます。

また、ハウスダストやホルムアルデヒドなどに対策するため、素材にこだわって作りたいと考える人にも利便性が高いです。

木の木目を大切にして作るシステムキッチンや、珪藻土や漆喰など和の素材にこだわったキッチンなどを作ることもできます。日光が入りやすいようにすることや、作り付けの棚を取り入れて食器が取り出しやすいようにすることも可能です。

間取りやライフスタイルに合わせた創意工夫ができる

間取りやライフスタイルに合わせた創意工夫ができるところも、メリットのひとつです。

対面式キッチンでカフェのようなイメージにしたいといった要望や、パン作りが趣味なので、パンこね機を置くスペースがほしいといった要望、キッチンツールを見せる収納にしたいといった要望も実現可能です。

親戚が集まって調理をすることが多いため、シンクを2つ設置したいといったことや、ヘルパーと車椅子の人が一緒にスムーズな調理ができるスペースがほしいといったことも対応可能となっています。

製作前に工務店側と相談する機会がありますので、そのときにどんなキッチンにしたいのかをあらかじめリストを作って提出すると、スムーズに対処してもらえることが多いです。

造作キッチン(工務店製作)を導入するデメリット

造作キッチンを導入する上でのデメリットもあります。

価格・費用が結果、高くつく場合も

造作キッチン(工務店製作)を導入する際にデメリットとなってしまうのが、費用です。

基本的に造作キッチンはオーダーメイドの設備となります。設備の種類によっては、メーカー品よりも割高となってしまうことが少なくありません。

ただし、シンプルな構造にするのであればメーカー品よりも割安な価格で設置が可能となることも多いです。

棚だけメーカー品の設備を利用し、カウンターだけを造作キッチンにすることも可能となっているため、工務店側と話し合うことで、予算を抑えて理想どおりの設備を導入することが可能となります。

不具合の可能性が高い

造作キッチンの一番のデメリットは不具合の可能性が高いことです。

システムキッチンメーカーのキッチンであれば、そのメーカーは年間に何千、何万台ものシステムキッチンを製造しています。そのため、技術レベルも高いですし、不具合の発生リスクも低くなるように対策を打っています。数で検証されているわけです。

一方で、造作キッチンは建築家が設計したとしても、工務店が設計したとしても、正直、そこまでの数の経験値がないです。建築するすべての家に造作キッチンを入れていたとしても、せいぜい数十といったところで、100を超える経験値はないです。

そのため、想定できない不具合が発生する可能性が高いです。

もちろん、不具合が発生したとしても、ちょっと料理ができないだけで、致命的な欠陥ではないのですが、それを許容できない方であれば、造作キッチンは避けられた方が無難です。多少の不具合があって当然、と思える方だけが手に入れるキッチンというわけです。

▽キッチンの知識・完全マップ。キッチンに詳しくなれます!

キッチンの知識

キッチン選びに失敗しないためのキッチンの知識66

2019年6月24日
▽人気のシステムキッチンメーカーをまとめています!一気見できます!

人気のシステムキッチンメーカーをリストアップ

人気のシステムキッチンメーカー13選!【自分らしいキッチンを見つける方法】

2019年5月1日
▽オーダーキッチンの特徴や選び方がこの記事で丸わかり!

オーダーキッチンの特徴・価格・選び方!実例やメーカー、ポイントもご紹介!

2019年9月4日
造作キッチンのメリットデメリット