ビルトイン洗濯機のメリット、デメリットを解説!

ビルトイン洗濯機のメリットデメリット
  • 「ビルトイン洗濯機とはどういうものですか?
  • 「ビルトイン洗濯機に興味があります。詳しく知りたい」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

ビルトイン洗濯機とはどういうもの?


ビルトイン洗濯機とは、キッチンやカップボード、棚、家具などに埋め込まれて備え付けられている洗濯機のことを指します。

時代の流れとしては、徐々に家電もインテリアの一種として考えられるようになり、収納スペースの確保やデッドスペースの活用などスペースをどのように扱っていくのかが住宅の課題の一つと言われています。

そこで人気を集めるようになったのがビルトイン家電であり、その中の一つとして注目されているのがビルトイン洗濯機の存在です。

ちなみにこの記事で掲載している写真はドイツのミーレ社の「ミーレのビルトイン洗濯機」です。

ビルトイン洗濯機という名称は聞いたことがあるけれども、ビルトイン洗濯機についてよくわかっていない人も少なくありません。この記事では、ビルトイン洗濯機について詳しく解説していきます。

ビルトインとそれ以外の洗濯機の違い

ビルトイン洗濯機は埋め込まれていますから、一般的な縦型のものではなくドラム式のタイプが主流です。

見た目やスペースの有効活用のメリットがありますが、機能としてはそれ以外の洗濯機とそこまで大差はありません。一般的な洗濯機と変わらずに使用することができます。

ビルトイン洗濯機のメリット


ビルトイン洗濯機のメリットについて解説していきます。

見た目がきれい・すっきり

ビルトイン洗濯機の最大のメリットは「見た目」です。

一般的な洗濯機は設置しているとどうしても生活感が出やすく、デザインが良いものを購入したとしてもインテリアとしてみることは難しいと言われています。ビルトイン洗濯機であれば見える部分が少ないため隠しやすいですし、シンプルかつスタイリッシュなデザインが採用されているのでインテリアとしてあえて見せやすくなっているのです。

キッチンやカップボード、棚、家具などに埋め込まれて備え付けられているので、それらと一体感があり、見た目がきれいで、すっきりしています。

スペースを有効活用できる

「スペースを有効活用することができる」点も、ビルトイン洗濯機をはじめとしたビルトイン家電のメリットです。

特に洗濯機の場合はどうしても設置する際に大きなスペースを必要とするほか、ある程度高さもあるので設置する場所によってはデッドスペースが生まれやすくなっています。それに対してビルトイン洗濯機はカウンターなどの下のスペースに収納されているため、大きなスペースを必要としません。しかもすでに設置されている状態なので余計なスペースを取ることもなく、広々としたスペースを有効に使うことが可能です。

ビルトイン洗濯機のデメリット


ここからはビルトイン洗濯機のデメリットについて解説します。

修理やメンテナンスが大変になる可能性がある

例えば一般的な洗濯機であれば壊れてしまったり何らかのトラブルが起きた場合は、すぐに修理をしてもらうことができます。これは壊れてしまってもすぐに部品を取り寄せることができる点と、一般家庭に普及していることからメーカー側も部品をしっかり確保していることが理由です。

ただ、ビルトイン洗濯機はそこまで一般的なものではないので、部品の確保が難しかったり、修理やメンテナンスの対応が遅れる可能性があります。

新品に交換するとき、同じサイズでないといけない

また、新しいものに交換するとしても、同じサイズのものでなければ入らないところも注意しなければいけません。

ビルトイン洗濯機は埋め込み型ですから、そこに空いているスペースは変わりません。それに入らないサイズだと、同じようにはなりません。ですから、新品に交換する場合、同じサイズでなければならないです。

▽キッチンの知識・完全マップ。キッチン選びに失敗しない方法

キッチンの知識

キッチン選びに失敗しないためのキッチンの知識66

2019年6月24日
▽人気のシステムキッチンメーカーをまとめています!一気見できます!

人気のシステムキッチンメーカーをリストアップ

人気のシステムキッチンメーカー13選!【自分らしいキッチンを見つける方法】

2019年5月1日
ビルトイン洗濯機のメリットデメリット