ガルバリウム鋼板の外壁とは?メリット・デメリットを解説

ガルバリウム鋼板外壁のメリット、デメリット
  • 「ガルバリウム鋼板の外壁を検討しているのですが、メリット・デメリットを知りたい」
  • 「ガルバ外壁がいいという話を聞いたのですが、どうでしょうか?」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回は「ガルバリウム鋼板の外壁とは?メリット・デメリットを解説」というテーマでお話していきます。

ガルバリウム鋼板の外壁とは?

ガルバリウム鋼板の外壁とは?
ガルバリウム鋼板の外壁とは、1972年にアメリカのベツレヘム・スチール社で開発された金属素材で、アルミ亜鉛合金めっき鋼板の外壁のことを指します。

何が普通の金属と違うかというと、亜鉛メッキされてるから耐候性が強いというところがあります。

この金属のメッキ加工は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%という比率で構成されており、錆びにくいという特徴があります。これに対し、亜鉛だけでメッキ加工を施しているのがトタンです。

ガルバリウム鋼板の外壁の事例

素材の約半分がアルミニウムですので、アルミニウムの特徴である耐食性、耐熱性、熱反射性がありつつも、亜鉛の「保護皮膜作用」と「犠牲防食作用」という特徴が加わり、耐久性のある素材として屋根だけではなく最近では外壁としても使われるようになりました

日本では「ガルバニウム鋼板」と呼ばれたり、「ガルバ」と呼ばれたり、「ガルバリウム鋼板」「GL鋼板」と呼ばれたりと、色々な呼称で呼ばれていますが、「ガルバリウム鋼板」です。

今回は外壁について解説していきます。

屋根の場合のガルバリウム鋼板解説はこちら。

ガルバリウム鋼板の屋根のメリット・デメリット。特徴や検討のポイントなど

2020年8月2日

外壁材の全体像

外壁材の全体像
まず、日本の外壁材の全体像としては、窯業系サイディング、金属系外壁、塗装外壁、左官塗り壁、杉板などの木材外壁といったカテゴリに分けられます

窯業系サイディングがシェア1位で全体の8割弱のシェアを占めています。つまり、日本の新築住宅の80%くらいは窯業系サイディングというわけです。

窯業系サイディングはセメントと木質繊維を混合したものを焼き固めたものになります。

2番目のシェアを持っているのが金属系外壁になります。金属系外壁は主たるものが「ガルバリウム鋼板」になります。

3番目の外壁材は塗装やジョリパット仕上げというような、吹き付けて塗装する外壁になります。次は左官塗り壁です。

ほとんどのシェアが窯業系サイディングでシェア取られてますから、その次は金属系外壁ですから、窯業系サイディングと金属系の外壁でシェアがほとんどかなと思います。

ガルバリウム鋼板の外壁の詳細

ガルバリウム鋼板の外壁の詳細
ガルバリウム鋼板の外壁は裏側に断熱材のようなスポンジみたいなのがついているか、ついていないかなどの細かい違いはありますが、耐久性ある金属でコスト合理的な外壁材としては、ガルバリウム鋼板になります。

ガルバリウム鋼板の外壁メリット、デメリット

ガルバリウム鋼板外壁のメリット

ガルバリウム鋼板外壁のメリット
ガルバリウム鋼板を外壁の素材として使うメリットをいくつかご紹介しましょう。

デザイン性に優れている

メリットのひとつは「デザイン性に優れている」ということです。

純粋に見た目がよく、デザイン性に優れています。見た目がモダンですっきりとしているということです。

角波板みたいなのが結構多いんですが、この線がすっきりしてるんで、非常にモダンですっきりに見えます。

なので、外壁全体が縦のストライプというか波になると、非常にすっきり見えるのでモダンですし、金属系なんですっきり見えます。汚れにくいですし。そういうのがあって好かれてますね。

そもそも、ガルバリウム鋼板は薄くて軽量のため、着色がしやすくデザインが豊富であるという特徴があります。

ガルバリウム鋼板が持つ、本来の金属の質感を活かしたものから、木目調等のデザイン性の高いもの等、さまざまなものがあります。これにより、シンプルテイストな外壁から、モダンテイストの外壁まで対応できるため、とても人気のある外壁材といえます。

建築家の家や設計物件にはガルバリウム鋼板外壁が比較的多いです。結構スタイリッシュモダンなテイストでも合いますし、自然素材系にもマッチして、結構何にでも合う素材なんでいいかなと思います

縦波みたいな、角波みたいなガルバリウム鋼板外壁だけではなく、フラットなやつを継いでいくみたいなこともできますし、波型にすることもできますし、三角にもなるし、丸みがかった加工みたいなそういうのもできるのでデザインの幅が広いです。

結構表情を複数選ぶことができますし、テイストも変えることができるので、黒だったら物体感のある男性が好きそうなやつだし、シルバーだとちょっとシンプルモダンみたいな感じで、女性にも好かれるという感じで変化を作り出すこともできます

いろいろなカラーバリエーションと加工の仕方によって結構いろんなアレンジがつきます。それで、デザインテイストの幅も広くなりますし、見た目が結構モダンですっきりで、おしゃれで好ましいかなというふうに思います。

耐震性が高い(素材が軽いので、地震の影響が少ない)

次のメリットは軽い素材ということです。ガルバリウム鋼板は素材として軽量です。

実際、ガルバリウム鋼板は1~3ミリメートルほどの薄い板のため、とても軽い素材になります。

素材自体が薄い鋼板なんで非常に軽いんです。だから、窯業系サイディングとかだったら1個のパネルで20-30キロとかあるところが、ガルバリウム鋼板だったらどのぐらいかっていうと10キロ切るとか、そのぐらい軽いわけですよ。軽いからこそ、耐震性が高いんですね。

地震があった時に建物に外壁とかが、重いものがくっ付いてると揺られた時にやっぱり落ちたりとか、地震があった時に振られるとかいろいろあります。

その点、ガルバリウム鋼板の場合はもうほとんど薄い鋼板なので軽いので外壁落ちづらいですし、なおかつ振られてパワーが増幅するとかもなかなかないので、比較的耐震性が高くなるいい素材かなと思います。

結論としては、家自体に負担を掛けにくいので、地震に強い外壁素材であるといえます。

錆に強く、耐久性・耐候性が高い

たくさんある、ガルバリウム鋼板のメリットについて挙げられるのは、まず「錆に強く、耐久性・耐候性が高い」ということです。

使用条件にもよりますが、一般的なトタンと比べると3~6倍の耐久性があります。ガルバリウム鋼板は長持ちで耐久性高いです。

この耐久性の高さの秘訣は、ガルバリウム鋼板の表面に傷がついたとしても、メッキの中に含まれる亜鉛が鉄より先に溶けるため、錆びから守ってくれることにあります。ガルバリウム鋼板の開発元のベツレヘム・スチール社によると、都市部での使用で約25年、塩害のある地域でも約15年の耐用年数を持つとされています

通常のサイディングの外壁は10年がメンテナンスの目安とされていることからも、ガルバリウム鋼板の耐久性の高さが分かります。

30年間の間に塗り替えをしてしまうと、塗膜を作ってしまうので、逆にまた塗装をして定期的に塗り替えしていく必要性が出てきます。ご注意ください。

メンテナンスコストが安くすむ

次のメリットは「メンテナンスコストが安くすむ」ということです。

先ほど、耐久性、耐候性が高い素材とお話しましたが、そのために外壁のメンテナンスコストが結構少なめで済むんです。

ガルバとガルバの合わせた所にコーキング打つ必要はないんですけど、窓の周りとか屋根等の取り合いとか。取り合い部分っていう所があるんですけど、異素材とくっ付いてるみたいなところですね。

窓とガルバリウム鋼板外壁がくっ付いてる所はコーキングっていう樹脂、プラスティック系の充填剤を打つんですね。

だから、そこのコーキングは耐候性が弱いので8年とか10年で劣化してひび割れちゃうので、そこの撤去とコーキング打ち替えみたいなそういうメンテナンスは多少かかるんですけど、ガルバリウム鋼板外壁の素材そのものをメンテナンスする必要があるかっていったら、それはそこまでメンテナンスする必要はございません。

基本的には高圧洗浄機などで洗い流すとかすると美観を好ましく保てるとは思います。

サイディングで要求されるような全塗り替えを10年に1回してくださいねというようにはならないです。

なので、比較的メンテナンスコストがトータルとして安く済みます。

防水性に優れている

次のメリットは「防水性に優れている」ということです。

ガルバリウム鋼板は金属板のため、水の浸透を防ぐ構造となっています。このことから、ガルバリウム鋼板は外壁だけではなく、屋根材としても広く使用されています。

ガルバリウム鋼板外壁のデメリット

ガルバリウム鋼板外壁のデメリット
では、ガルバリウム鋼板にはデメリットはないのでしょうか。
考えられるデメリットをご紹介します。

メンテナンスが不要なわけではない

ガルバリウム鋼板は耐久性が高いので、メンテナンスが不要なイメージがあります。

ただ、実際にはメンテナンスは必要です。

日常的なメンテナンスとして、定期的に水で洗い流す必要があります。

都市部などの一般的な環境では、年に1~2回程度、晴れた日に水をかけることをおすすめします。海や川の近く等、塩害が予想される地域では、1~2カ月に1回程度水をかけてメンテナンスすると良いでしょう。どちらの環境であっても、ブラシで擦ったりする必要はありません。このメンテナンスをすることにより、白錆びを防止することが期待できます。

ガルバに塗装すると、塗り替えが必要になる

基本的にガルバリウム鋼板そのものに塗装をしようと思ったら、塗装できないです。専用のプライマーというか、ガルバリウム鋼板に塗装させるための下塗り材みたいなのをやって密着させた状態で塗装しないと塗れないんです。

逆にこれは何を意味するかっていったら、1回ガルバリウム鋼板に塗装しちゃうとはがれるんですね。その塗膜自体がはがれるのです。

だから、そこにまた塗装をしないといけなくなってしまうのです。

なので、1回ガルバリウム鋼板の外壁をつくったら、そのままの色で我慢です。

シルバーだったら、シルバーのまま。定期的に水洗いして、きれいに保つ。

「シルバーがよかったけど、やっぱ黒に塗り替えよう」

となったら、また黒を定期的に、たとえば、10年に1回とかを塗り替えていかないとダメになってしまいます。シルバーのままで良かったら20年目もシルバーだし、25年目もシルバーのまま。ただ、上から塗装しちゃうとメンテナンスが必要になっちゃうので塗ってしまったら、メンテナンスが必要になってきます

窯業系サイディングだったら最初は白い外壁だったんだけど、やっぱカラーバリエーション変えたいからってちょっとグレーな外壁にされたいんだったら、それはできるんですけど、ガルバリウム鋼板の外壁の場合はちょっとそうはいきませんので、お気を付けられたらよろしいかなというふうに思ってます。

防音性が低い

2つ目のデメリットは「防音性・遮音性が低い」です。

ガルバリウム鋼板はとても薄いので、振動を伝えやすく遮音性が低い素材といえます。

ガルバリウム鋼板の外壁自体での防音性は期待できないと考えたほうがいいでしょう。

たとえば、ガルバリウム鋼板の屋根の場合、雨音がうるさいです。何も対策してない場合ですが。ただ、金属板なので音がするのですが、その下に断熱材とか吸音性のある素材を入れてたらあんまり音しないです。防音されるためです。

外壁としても同じことで、その住宅がどういう構造で作られていて、断熱材になにを使っていて、どういう厚みで、という感じで内容次第で室内の防音度数みたいなものは変わりますから、ケースバイケースというのが正直なところです。

黒とかの色は夏に熱を持つ

ガルバリウム鋼板の外壁を黒などの濃いカラーで選ぶと、夏に熱を持ちます

黒は光を吸収しますから、夏の日差しで熱くなります。

実際、黒い鉄板とかを外に夏置いてたらすごい暑くなると思うんですね。その理屈と同じで、黒は色的に光集中っていうか、吸収するんで熱帯びちゃうんですよ。

そういう形で黒のガルバリウム鋼板外壁だったら外壁そのものにすごい熱を持ちます。外壁裏に通気層とか空気逃がす所とかあるので、劇的にインパクトがあるかっていったら劇的にはないんですけれども、できればそういう熱に対しての対処しておかないと結構劣化が進むかなと思います。建物自体の劣化が進む可能性もあるのでお気を付けられた方がいいです。

塩害などのリスクがある

次のデメリットは、塩害などのリスクがあるということです。海沿いなどで不向きなことがあるということです。

ガルバリウム鋼板は基本的にさびない素材として知られてるんですけど、さびる条件がいくつかございまして。

一つ目が先ほど申し上げたような塩害とか海風ですね。

二つ目が「もらいさび」でさびてしまうのです。

「もらいさび」ってどういうものかっていったら、釘とかさびてるものを、屋根とかだったら屋根にぽんと置いておくと、そこの周りがさびてくんです。さびをもらっているということです。

ナチュラルな状況で別に普通に雨がかかって、何もかかってるものがないんだったら、なかなか耐久性、耐候性が素材としては高いのでばっちりなんですけど、もらいさびとかしちゃうとネガティブな要素になっちゃうかなと思います。

最初に申し上げた塩害とか海風は、ダイレクトに面積が広い所がさびるかっていったら、なかなかさびないんですけど、小口というか、カットした部分とか断面が見える部分ってあると思うんですね。そういう切ったところのような部分は素材の素地が見えていますから、こういう所からさびが発生したりとかします

切った部分が結構多い部分が見える所にあって、そこが海沿いとか潮風が当たる所だったらさびる可能性があるのでお気を付けられた方がよろしいかなと思います。

まとめ

ガルバリウム鋼板の外壁のまとめ
以上のようなことが、ガルバリウム鋼板の外壁のメリット・デメリットになります。

外壁材の種類としては最もシェアの高い「窯業系サイディング」の外壁に比べれば、高価にはなりますが、デザイン的にもモダンなイメージになったりしますし、また、メンテナンスもそこまで必要とされませんし、高耐久で、なかなかコストパフォーマンスの高い外壁材かな、と思います。

サイディングのサンプル

サイディングとは?特徴、メリット、デメリットを解説!

2020年8月2日

参考になれば、幸いです。

【動画で解説】ガルバリウム鋼板の外壁、メリット・デメリットを解説します

ガルバリウム鋼板外壁のメリット、デメリット

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書