ガルバリウム鋼板の外壁とは?メリット・デメリットを解説

  • 「ガルバリウム鋼板の外壁を検討しているのですが、メリット・デメリットを知りたい」
  • 「ガルバ外壁がいいという話を聞いたのですが、どうでしょうか?」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

ガルバリウム鋼板の外壁とは?

ガルバリウム鋼板の外壁とは、1972年にアメリカで開発された金属素材で、アルミ亜鉛合金めっき鋼板の外壁のことを指します。

この金属のメッキ加工は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%という比率で構成されており、錆びにくいという特徴があります。これに対し、亜鉛だけでメッキ加工を施しているのがトタンです。

素材の約半分がアルミニウムですので、アルミニウムの特徴である耐食性、耐熱性、熱反射性がありつつも、亜鉛の「保護皮膜作用」と「犠牲防食作用」という特徴が加わり、耐久性のある素材として屋根だけではなく最近では外壁としても使われるようになりました。

日本では「ガルバニウム鋼板」と呼ばれたり、「ガルバ」と呼ばれたり、「ガルバリウム鋼板」「GL鋼板」と呼ばれたりと、色々な呼称で呼ばれていますが、「ガルバリウム鋼板」です。

屋根の場合のガルバリウム鋼板解説はこちら。

ガルバリウム鋼板の屋根のメリット・デメリット。特徴や検討のポイントなど

2020年8月2日

ガルバリウム鋼板外壁のメリット

ガルバリウム鋼板を外壁の素材として使うメリットをいくつかご紹介しましょう。

錆に強く、耐久性が高い

たくさんある、ガルバリウム鋼板のメリットについて挙げられるのは、まず「錆に強く、耐久性が高い」ということです。

使用条件にもよりますが、一般的なトタンと比べると3~6倍の耐久性があります。

この耐久性の高さの秘訣は、ガルバリウム鋼板の表面に傷がついたとしても、メッキの中に含まれる亜鉛が鉄より先に溶けるため、錆びから守ってくれることにあります。ガルバリウム鋼板の開発元のベスレヘム・スチール社によると、都市部での使用で約25年、塩害のある地域でも約15年の耐用年数を持つとされています。

通常のサイディングの外壁は10年がメンテナンスの目安とされていることからも、ガルバリウム鋼板の耐久性の高さが分かります。

耐震性が高い(素材が軽いので、地震の影響が少ない)

ガルバリウム鋼板は素材として軽量です。

実際、ガルバリウム鋼板は1~3ミリメートルほどの薄い板のため、とても軽い素材になります。

そのため、家自体に負担を掛けにくいので、地震に強い外壁素材であるといえます。

防水性に優れている

3つ目のメリットは「防水性に優れている」ということです。

ガルバリウム鋼板は金属板のため、水の浸透を防ぐ構造となっています。このことから、ガルバリウム鋼板は外壁だけではなく、屋根材としても広く使用されています。

デザイン性に優れている

4つ目のメリットは「デザイン性に優れている」ということです。

ガルバリウム鋼板は薄くて軽量のため、着色がしやすくデザインが豊富であるという特徴があります。

ガルバリウム鋼板が持つ、本来の金属の質感を活かしたものから、木目調等のデザイン性の高いもの等、さまざまなものがあります。これにより、シンプルテイストな外壁から、モダンテイストの外壁まで対応できるため、とても人気のある外壁材といえます。

ガルバリウム鋼板外壁のデメリット

では、ガルバリウム鋼板にはデメリットはないのでしょうか。
考えられるデメリットをご紹介します。

メンテナンスが不要なわけではない

ガルバリウム鋼板は耐久性が高いので、メンテナンスが不要なイメージがあります。

ただ、実際にはメンテナンスは必要です。

日常的なメンテナンスとして、定期的に水で洗い流す必要があります。

都市部などの一般的な環境では、年に1~2回程度、晴れた日に水をかけることをおすすめします。海や川の近く等、塩害が予想される地域では、1~2カ月に1回程度水をかけてメンテナンスすると良いでしょう。どちらの環境であっても、ブラシで擦ったりする必要はありません。このメンテナンスをすることにより、白錆びを防止することが期待できます。

防音性が低い

2つ目のデメリットは「防音性・遮音性が低い」です。

ガルバリウム鋼板はとても薄いので、振動を伝えやすく遮音性が低い素材といえます。

ガルバリウム鋼板の外壁自体での防音性は期待できないと考えたほうがいいでしょう。

黒とかの色は夏に熱を持つ

ガルバリウム鋼板の外壁を黒などの濃いカラーで選ぶと、夏に熱を持ちます

黒は光を吸収しますから、夏の日差しで熱くなります。

そのため、その高温が建物にダメージを与えますし、また、断熱が弱いとその影響を受けてしまうので注意が必要です。

まとめ

以上のようなことが、ガルバリウム鋼板の外壁のメリット・デメリットになります。

外壁材の種類としては最もシェアの高い「窯業系サイディング」の外壁に比べれば、高価にはなりますが、デザイン的にもモダンなイメージになったりしますし、また、メンテナンスもそこまで必要とされませんし、高耐久で、なかなかコストパフォーマンスの高い外壁材かな、と思います。

サイディングのサンプル

サイディングとは?特徴、メリット、デメリットを解説!

2020年8月2日

参考になれば、幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書