セラミックトップ(天板)キッチンの特徴、メリット・デメリット

セラミックトップとはメリットデメリットなど
  • 「セラミックが天板のキッチンがあるそうですが、詳しい情報を知りたい」
  • 「セラミック天板のキッチンのメリット・デメリットを知りたい」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回の記事では「セラミックトップ(天板)キッチンの特徴、メリット・デメリット」についてご紹介します。

セラミックトップ(天板)とは何か?

セラミックトップの実例
セラミックトップ(天板)とは、ガラスや焼き物のように高熱によって成形される工業製品のセラミックを素材にしたワークトップ(天板)のことです。キッチンの天板にセラミックを使っているということです。

キッチン素材の主流となっているステンレスや人気の高い人工大理石(人造大理石)との違いとして、今までのツルツルした素材にはない、高級感のある見た目と肌触りの良い凹凸が挙げられます。

また、カラーバリエーションが多く、自宅の内装やインテリアに合わせた適切なカラーを簡単に見付けられるといった点もセラミックトップの魅力の1つです。

セラミックトップ(天板)キッチンのメリット

セラミックトップ(天板)キッチンのメリット
ここではセラミックトップ(天板)キッチンのメリットについてご紹介していきます。

耐久性・耐熱性が高い。汚れにくい

キッチンの天板をセラミックトップにする最大のメリットとして「高い耐久性」が挙げられます。

セラミックトップには耐熱性が高いといった特徴があります。

鍋敷き等を使用する事が推奨されていますが、短い時間であれば熱くなったフライパンや鍋を直接置く事が出来ます。

さらに、金属よりも硬度が高く傷がつきにくくなっています。

お手入れをする際に金属タワシで力いっぱいゴシゴシと擦ってもほとんど傷が付きません。

セラミックトップのキッチンを使用している方の中には、オシャレな見た目を活かしてまな板を使わず、そのまま調理をしているという方も珍しくありません。

高い耐久性に加えて「汚れにくい」といった、キッチンを使う頻度が高い方には嬉しいメリットもセラミックトップのキッチンにはあります。

傷が付きにくい事からステンレスキッチンのように傷の中に汚れが溜まる事がないだけではなく、油や食材から出た水分等の汚れが染み込む事もありません

掃除するのが面倒な油やソースをキッチンの上に零してしまった場合でも、キッチンペーパーやキッチン用のタオルでサッと拭き取る事が出来ます。さらに、長時間紫外線に当たってもセラミックトップが色褪せる事はないので、日の当たる場所にキッチンを作りたいと考えている方にもオススメのキッチン素材です。

独特の質感がある・見た目

高級感のある見た目や他の素材にはない独特の質感からセラミックトップを選ぶ方も増えています。

凹凸のある素材感、セラミックという素材。
そのために、独特の質感があり、風合いがあります
これで選ばれる方も多いです。

デメリット

セラミックトップ(天板)の最大のデメリットは要約すれば「価格が高い」ということにつきます。

価格が高い

耐久性が高く、汚れにくいということで、素材としてはいいのですが、最近、製品として提供されてきたということもあって、キッチンの天板素材としては高級な素材になります。

セラミックトップ(天板)のキッチン自体が高額になってしまいます。

細かい話にはなるのですが、セラミックトップ(天板)のキッチンは重たいのです。相当に重たいので、運搬・搬入・搬出の人件費が大きく、また、製造・設置に伴う負担も大きいため、素材そのものだけではなく、他の付帯する費用でも高額になります。

要約すれば「価格が高い」というわけです。

まとめ

このように、セラミックトップ(天板)のキッチンにはメリットもデメリットもあります。
それらを理解した上で、自分自身のセンスやフィーリング、直感に合ったものをお選びになるのが理想のキッチン作りかと思います。

参考になれば、幸いです。

セラミックトップ(天板)が得意なシステムキッチンメーカー

オーダーキッチンメーカーであれば、どこもセラミックトップを選択できます。

たとえば、キッチンハウスやクチーナなどのオーダーキッチンメーカーであれば、予算さえ合えば採用できます

関連:キッチンハウスは他のキッチンメーカーとどう違うのか?特徴、強みは?価格は?評判は?
関連:クチーナ(CUCINA)キッチンはどんなものなのか?特徴は?価格は?評判は?

ただ、システムキッチンメーカーではそうはいかないです。

セラミックトップというキッチン天板が得意なシステムキッチンメーカーは「リクシル(LIXIL)」になります。

リクシルはリシェルSIという上位グレードのキッチンで、セラミックトップを推しています。

関連:リクシル(LIXIL)のキッチンの特徴、価格、評判をご紹介!

LIXILリクシルキッチンの特徴、価格、評判など

リクシル(LIXIL)のキッチンの特徴、価格、評判をご紹介!

2019年6月16日

あとはそのほかのキッチン天板の種類をまとめています。

関連:キッチンの天板(ワークトップ)はどんな種類がある?選び方など

キッチンの天板はどんな種類がある

キッチンの天板(ワークトップ)はどんな種類がある?選び方など

2019年6月3日
セラミックトップとはメリットデメリットなど

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

でんホーム株式会社 取締役・編集長。設計に口出し、現場を管理し、記事にも口出しする何でも屋さん。油山幼稚園→堤小→長尾中→福岡中央高→九州大学経済学部卒。2人の娘を持つ。【趣味】読書