一坪とは何平米ですか?「3.3㎡です」あとは詳しく解説!

一坪とは3.3平方メートル。畳およそ2畳分

一坪とは3.3平方メートル。畳およそ2畳分です。

詳しい解説は下記になります。

坪と平米の関係について

賃貸住宅を借りるとき、注文住宅を建てるとき、分譲マンション・分譲住宅を買うとき。

「広さ」を把握したいのは当然です。

そこで問題になるのが、広さの表現です。

日本では、家や土地の広さを表す際に、坪数で表現することが多いです。

ところが、不動産の取引・証明にあたっては、坪数ではなく平米で表す決まりとなっていることをご存知でしょうか。

単位が2種類あって、ややこしいですね。

でも、業者とのやりとりをスムーズに進めるには、1坪が何平米にあたるのかを知っておいて、だいたいの大きさをイメージできることが大切です。大きい買い物になりますから、単位についてしっかりと理解しておきましょう。

平米とは平方メートル・㎡

不動産の広告などを見ると、部屋の大きさを「~平米(へいべい)」と表記していることが多いです。

学校では「平方メートル」という単位が一般的に使われていたので、平米になじみがないという方も多いかもしれません。

縦1メートル×横1メートル=1平方メートル、ですね。

平米は、平方メートルと同じ意味です。

ですから、1平米は1平方メートルになります。

住宅賃貸業界では、平方メートルではなく平米(へいべい)と表すのが一般的になっています。

1坪は何平米か?3.3平米です

それでは、1坪は何平米にあたるのか、考えていきましょう。

1坪は約3.3平方メートルで、畳およそ2畳分と考えるとわかりやすいと思います。

かつては、畳の大きさが地方によって違っているため、契約時に混乱が起こることもありました。

しかし、現在では畳の大きさを中京間に統一して考える決まりになっています。

中京間はおもに東海地方で使用されていた畳の大きさで、中京間1畳=1.62平方メートルと考えるとよいでしょう。

平米から坪数に直したいときは平米÷3.3、逆に坪数から平米に直すときは坪数×3.3、で置きかえてください。

1坪、1平米、1畳はどのくらいの大きさ?

1坪、1平米、1畳の面積は次のような関係になっているので、覚えておくと便利です。

  • 1坪=3.3平方メートル=2畳
  • 1平米(1平方メートル)=0.3坪=0.6畳
  • 1畳=0.5坪=1.62平方メートル

※数値はすべて近似値で、正確な値ではないので注意してください

畳の大きさやメートルで置きかえると、イメージが湧きやすくなると思います。

坪って何?

日本の建物や土地の大きさを表す時、坪で表すことが多いです。

でも、坪って、そもそも何の値なのかご存知ですか?

「坪」は、日本古来の尺度の1つで、尺(しゃく)は長さを、貫(かん)は重さを、升(しょう)は体積を表していました

これらの単位を使って計量する方法を「尺貫法」といいます。

そして、面積にあたるのが坪(つぼ)だったのです。

日本では1967年4月1日以降、建物と土地の正式な取引においては、坪を使用しないことが決まりました。

なぜ坪表記が残っているのか

日本では古来から尺貫法が用いられていましたが、明治になるとメートル法の考え方が入ってきます。

そして、1891年に尺貫法と併用という形でメートル法が使われるようになりました。

田畑や山林の面積を求める際には、かつて町(ちょう)や反(たん)が使用されていました。

でも、1町は1ヘクタール、1反は10アールと数値が近かったため、比較的簡単にメートル法が受け入れられたようです。

ところが、宅地・家屋の面積を表す坪の場合は、1坪=3.3平方メートルでまったく違う数値になるため、置き換えはうまくいきませんでした。そして、引き続き坪表記が使われることになったのです。

平米での表記が義務付けられているワケ

では、なぜ坪での考え方が広まっているにも関わらず、正式な場では平米を使用することが義務付けられたのでしょうか。

それは、1坪=約3.3平方メートルで、誤差があるためです。

1坪=3.3平方メートルというのは近似値で、正確には3.305785123…と永遠に続きます。

1坪あたりの誤差は大した数字ではありませんが、50坪、100坪と大きくなると誤差は広がっていくので問題です。

たとえば、100坪になると、100坪×3.3平方メートル=330平方メートルと計算されますが、実際には誤差が約0.57平方メートル出てしまいます。

住宅を購入する時は、融資の条件や税制上の優遇措置に面積の上限が決められていることが多いので、正確な数値で表さなければトラブルのもとになります。

ですから、正式な場では平米で表すことが決まっているのです。