下屋とは?特徴やメリット・デメリットを解説

下屋とは、特徴やメリット、デメリット

下屋とは何ですか?


下屋とは「げや」と読みまして、母屋から差し出して作られた屋根のことを指しています。つまり、メインとなる屋根よりも一段下げた位置に建築されている片流れの屋根やその下にある空間のことを言います。

その形にはいくつかの種類があり、例えば二階建ての住宅であれば一階部分に建てられている屋根やポーチや物置として利用されているもの、縁側に設置されているものなどが挙げられます。

このように下屋とはメインの屋根とは別に一階部分の一部をカバーする形で利用されており、最初から建築されていない場合でも増設することが可能です。

ちなみに下屋はメインの屋根と比較すると小さく建てられることもありますが、必ずしもメインの屋根よりも小さくしなければいけないというわけではありません。

住宅の設計次第では、メインの屋根よりも下屋の方が広く建てられていることもあります。

ただ下屋をどのように建てるのかによって家の外観が大きく変わってくるため、家の見た目を考える上で重要なポイントであることを理解しておくことが大切です。

下屋が建築される理由

下屋が建築される理由としては、まず床面積や施工面積などの家の広さを調整するためです。

1階部分が大きくなりがちなので、下屋で1階を広くする

家を建てる際には2階よりも1階部分の方がどうしても大きくなりがちで、それぞれの階の大きさなどのバランス調整が難しくなりがちです。このような場合にも下屋を利用することで、見た目や広さのバランスを調整することができます。

高さ制限をクリアするため

ほかにも、家を建築したくても高さ制限が厳しい土地では高い家を建設できないということがあります。

例えば低層住居専用地域などが挙げられますが、このような地域では条件をクリアするための手段として下屋が利用されているようです。下屋を利用した方が普通に屋根を利用するよりも高さ制限に引っ掛かりにくく、高さ制限のほかにもコンパクトな土地に家を建てる際に活用されています。

このように下屋を建設する理由には様々なものが挙げられ、それを踏まえて下屋をうまく活用できる住宅であるのかどうかを見極めていくことが重要だと考えられています。

下屋のメリット

下屋のメリットについて解説していきます。

雨風をしのぐことができる

下屋を建設するメリットとしては、「雨風をしのぐことができる」点があります。

屋根を設置することによってその空間を雨風などの天候から守ることができるので、濡らしたくないものを置いたりちょっとしたものを取りに行く時、屋外を掃除する際に自分や物を濡らさずにすみます。

さらに窓の近くに設置することで室内に雨風が吹き込んでくるのを防ぐことができるというメリットもあり、家を守る役割を担っているのです。

空間をうまく活用できる

そんな雨風をしのげる点から「空間をうまく活用できる」というメリットも挙げられます。

雨風をしのぐことができるため下屋の下の空間を物置や自転車置き場、洗濯物干しの場所として活用できるのはもちろん、ちょっとした憩いの場として利用することも可能です。

ほかにも雨風だけではなく日差しが差し込むことも防げるので、「夏場など暑い季節に室内を涼しくする」点もメリットとして言われています。

下屋のデメリット

下屋のデメリットについても解説します。

雨漏りのリスクが高くなる

下屋は雨風をしのぐことができるというメリットがあるものの、母屋の外壁に差し込む形で付けられていることから雨漏りをしてしまう可能性があります。

基本的にはきちんと施工して雨仕舞をしておけば、雨漏りの心配はないのですが、それでもリスクとしては高いです。普通の屋根と比較すると、雨漏りのリスクは高いです。

建築費用が高くなってしまう(お金がかかる)

また、下屋のデメリットとしては建築費用が高くなってしまう点です。お金がかかるわけです。当然ですが。

純粋に下屋は屋根が追加されますし、基礎も必要になります。その上で、1階部分しか使用しないわけですから、一般的に2階建ての建物を建てる面積単価に比べて、高くなってしまいます。

短く言えば、お金がかかります。

下屋とは、特徴やメリット、デメリット