ウッドワンのキッチン「su:iji(スイージー)」の特徴や価格、評判など

(スイージー)とは?

「su:iji(スイージー)」とは、木質建材メーカーのウッドワンが販売するシステムキッチンです。

木質建材メーカーならではのこだわり抜いた無垢材を使用し、あたたかくやわらかい雰囲気が特徴のキッチンとなります。

シンクやキャビネットなどの設備機器にもこだわり、生活の中心であるキッチンで、上質な時間を過ごせるよう設計されています。

無垢材でやわらかい雰囲気のキッチンに “スイージーのキッチンの扉部分は無垢材でできています。木材の持つ柔らかい雰囲気が部屋をあたたかく演出してくれます。触ると安心するような滑らかな質感は、無垢材ならではです。

樹種はニュージーパイン、オーク、メープル、ウォールナットの4種で、ニュージーパインとオークにはカラー展開もあり、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

人気色は部屋が明るくなるニュージーパインのホワイトです。

無垢材の特徴として、ナチュラルな薄いカラーは年を重ねると色が濃くなっていき、反対に濃い色の樹種は色が薄くなっていきます。それぞれ年を重ねて使い込むほどに味が出るので、十年、二十年と楽しむことができるキッチンです。

無垢の木のキッチンで汚れは大丈夫か?

また、木材と聞くと心配になってしまうのが、汚れがついてしまった時に落ちるのか?という点ですが、安心してください。

スイージーの無垢材には、木の質感を損なわずにコーティングできるウレタン塗装がされています

油や調味料などをこぼしてしまっても、サッと拭くだけで綺麗になります。” デザイン性と機能性に優れた設備機器 シンクや調理カウンターもステンレスや人工大理石など様々な材質から選ぶことができます。扉がシンプルな無垢材でできているため、どの素材のカウンターとも相性は抜群です。

加熱機器もデザイン性と機能性に優れたものが数種類用意されていて、忙しい毎日でも楽しく料理を行うことができます。また、大人気のミーレ社の食洗機も取り付けることができるなど、設備機器にもこだわっているのがスイージーの魅力です。

ミーレの食洗機は他の食洗機とどう違う?サイズは45cm?60cm?価格は?洗剤は?デメリットはないの?【海外製食洗機で国内トップシェア】

2021年8月4日

理想のデザインと使い勝手の良さを兼ね備えたキッチンにすることができます。

su:iji(スイージー)の価格は?

ウッドワンのシステムキッチンには、標準的な仕様がなく「価格は〇〇円」と断言することはできません。

取り付ける設備機器や、レイアウトで価格は大きく変化します。

本体価格は約30万円からで、そこに設備機器や工事費用などが別途かかります。

費用をなるべく抑えたい人は、設備機器を価格の低いものを選ぶことで全体の値段を下げることができます。

su:iji(スイージー)の評判は?口コミを紹介

スイージーは女性に人気のある商品で、無垢材の美しさが引き立つおしゃれなデザインなのに、機能性もバッチリな点に感動している人が多くいるようです。

他にも「経年美化が楽しみ」「掃除が捗る」「ミーレの食洗機が嬉しい」といった意見が多数ありました。最後に、スイージーの口コミを2つ紹介します。

モデルルームのカタログを見て、一目惚れして新築の家にスイージーを取り付けました。暮らし始める前は収納の量について少々不安でしたが、使い始めてみると収納についても使いやすさについても大満足です。

見た目がとてもお洒落なキッチンなので、以前は面倒と感じていた片付けや掃除も楽しく感じます。

お洒落で綺麗なキッチンをキープしつつ、経年美化していくのも楽しみです。まだ使い始めたばかりですが、この先何十年と大切に使っていきたいと思います。(30代・女性・費用150万円)

妻が以前から無垢材の質感に憧れていて、リフォームの際に念願のウッドワンのキッチン「su:iji(スイージー)」を導入しました。ついでにミーレの食洗機も取り付けました。

見た目が食洗機とは思えないほどのスタイリッシュさで、洗い物も楽になり妻も満足しています。

無垢材はニュージーパインを選んだのですが、「キッチンにお洒落さは必要ない」と考えていた自分でも感動してしまうほど、木目が美しく、素敵で温かみのあるデザインのキッチンになりました。とにかく妻が喜んでいるので良かったです。(40代・男性・費用200万円)

ウッドワンのキッチンの特徴、価格、評判をご紹介!

ウッドワンのキッチンの特徴、価格、評判をご紹介!

2021年6月11日