ブラケットライト(照明)とは?特徴やメリット、デメリットを解説!

ブラケットライト(照明)とは、メリットデメリットや種類
  • 「ブラケットライト(照明)とはどういうもの?」
  • 「ブラケットライト(照明)という言葉を聞いたのですが、詳しく知りたい」
  • 「ブラケットライト(照明)を実際使いたいのですが、メリット・デメリットは?」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回の記事では「ブラケットライト(照明)とは何か。その特徴やメリット・デメリット、種類など」について解説していきます。

ブラケットライト(照明)とは「壁面に取り付けられている照明」のこと

ブラケットライト(照明)とは、壁面に取り付けられている照明のことです。

具体的に設置されている場所としては、玄関ポーチ、玄関、階段、廊下といったところです。

意識していないと気づかないかもしれませんが、意識してみると、存在に気づくかもしれません。

メインづかいで使う照明とは違って、比較的明るさが抑えられていることが多いです。光量が小さいということです。

ただ、だからこそ、雰囲気がよく、部屋をオシャレに見せる効果があったりします。

ブラケットライト(照明)もたくさんの形や大きさがあり、種類によって照らされ方も様々。あるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わり、日中と夜とで全く違う部屋を演出してくれます。

自分好みのブラケットライト(照明)の色やかたちを探して、設置することで自分らしいオリジナルの空間づくりをすることができます。

DAIKO (大光電機)
¥5,809 (2019/09/16 08:26:09時点 Amazon調べ-詳細)

ブラケットライト(照明)のメリット

ここからはブラケットライト(照明)のメリットについて解説します。

インテリアのアクセント・デザインになる

ブラケットライト(照明)の一番のメリットはやはり見た目に与える印象です。

ダウンライトや間接照明を使うことで、明るさや雰囲気をアップさせることはできます。ただ、ライト(照明)そのもののデザインが見えないので主張することはありません。存在感のない明るさというイメージです。

これが、ブラケットライト(照明)になると、壁についている照明ですから、見た目がインテリアに影響を与えます。

ライト(照明)そのもののデザインが、インテリアの一部になります。

そのため、ブラケットライト(照明)のデザインが空間にとって重要になります。

綺麗に統一感があると、とってもおしゃれな空間を作ることができます。

ブラケットライト(照明)のデメリット

では、ブラケットライト(照明)のデメリットはあるのでしょうか?
デメリットについて解説していきます。

壁から出っ張っているので、ぶつかる可能性がある

ブラケットライト(照明)は壁に取り付ける照明です。
そのため、壁から出っ張っています。
そういうわけで、ぶつかる可能性があります

実際に私(編集長・竹内)が経験したことがあるのは、長いモノを持って移動していたとき、階段の壁に設置されていたブラケットライト(照明)にその長いモノをぶつけたということがあります。

幸い、ブラケットライト(照明)そのものも、長いモノも大して傷にはなっていないのですが、悪いケースもあろうかと思います。

また、人の頭がぶつかる可能性もありますね。

取り付けたいとき、無くしたいとき、が難しい

また、ブラケットライト(照明)は取り付けたいとき、無くしたいとき、が難しいです。

取り付けは電気工事。そもそも配線が必要

ブラケットライト(照明)を取り付けるには、電気工事が必要になりますから、そもそも電気屋さんに依頼しないと取り付けできません。

一般的な引っ掛けシーリングでカシャっと簡単に取り付けられるというわけではないので注意が必要です。

また、例えば、「この壁にブラケットライト(照明)つけたい」と思ったとき、そこに電気配線がないといけません

壁の裏側にある電気配線がないといけないので、ブラケットライト(照明)を取り付ける場合は、大規模なリフォーム工事が必要になるかもしれません。

そういうわけで、新築注文住宅みたいな新しく家を建てるようなタイミングではないと、なかなか難しいのではないかな、と思います。

なくしたいときも、電気工事

ブラケットライト(照明)をなくしたいと思ったときも電気工事になります。
電気屋さんに依頼しないと取り外しできません。
取り付けの時も電気工事ですし、取り外しの時も電気工事になります。

ブラケットライト(照明)の種類

ブラケットライト(照明)の種類としては、光の出方で大きく4種類に分けることができます。

  1. 全方向に光る種類
  2. 底面に向けて光る種類
  3. 天井方向へ光る種類
  4. 上下方向に光る種類

以上の4種類です。

それぞれのブラケットライト(照明)は特有のデザインやデザインされた光が演出しています。
自分の好みのものを選ぶようにされると良いです。

ブラケットライト(照明)の具体例

ここでは、ブラケットライト(照明)の具体例をご紹介します。

階段の壁に取り付けられた四角型のブラケットライト(照明)

階段の壁に取り付けられた四角型のブラケットライト(照明)
これは階段の壁に取り付けられた四角型のブラケットライト(照明)です。

適度な光で、階段を適度に明るくしてくれます。

丸型のブラケットライト(照明)

丸型のブラケットライト(照明)
これは丸型のブラケットライト(照明)です。
適度な光で、周囲の空間を照らしてくれます。

DAIKO (大光電機)
¥5,809 (2019/09/16 08:26:09時点 Amazon調べ-詳細)
ブラケットライト(照明)とは、メリットデメリットや種類