衣装部屋を個別でつくるメリット・デメリット

衣装部屋を個別でつくるメリット・デメリット

衣装部屋とは

衣装部屋とは一つの場所に家族の衣類を集めて収納し、収納だけでなく、衣裳部屋のなかで着替える事が可能な空間である部屋のことを指します

そのためある程度のスペースを有し、鏡等も設置された造りになっています。

その部屋の中だけでコーディネイトが完了できるうえに、衣類の洗濯等の家事の作業効率や、利便性を兼ね備えた条件が満たされたものになっています。

内部の収納は、誰が使っても、どこになにがあるのか一目瞭然にわかる造りになっています。

衣装部屋のメリット

衣装部屋のメリットとしていくつか挙げる事ができます。

衣類を一つの場所で収納することで、着替えるのが1か所で済むことです。

家の動線を考えて部屋を配置すれば、玄関から家に入り衣装部屋でスーツや制服から部屋着に着替えて、リビングに入ることも可能にします。仮に1階がリビングであった場合、わざわざ着替えに2階の自分の部屋に行き着替え、1階のリビングに降りてくるという動作をしなくても良くなります。

また洗濯後に衣類を畳んで収納する作業は、主婦にとって家事ワースト3に入るほど、面倒に感じている主婦が大勢います。1か所に集めることで、洗濯が済んだ衣類をそれぞれの部屋のクローゼットにしまう手間をはぶくことができ、家事が楽になります。

衣類に関する鞄や小物、アクセサリーまで1か所に収納することで、その日のコーディネイトもしやすくなります。全てが部屋の中に配置されているので、どこに何があるのか一目瞭然です。

また、家族間での共有もしやすくなり、服のレパートリィーが増える可能性もあります。

しかも家族全員で使うため、有効に活用しなければならず、服の量も管理しやすい量を保ちやすくなります。みんなで使うことで、入れっぱなしの衣類や要らない物の仮置き場を防ぐことにもなります。

衣装部屋のデメリット

衣装部屋のデメリットとしては、やはり1つの部屋で衣類全部を収納し、かつ着替えるスペースも確保するため、最低でも3帖のスペースが必要になってきます。

ある程度の土地の広さや、家屋の大きさに影響がでてきます。

衣装部屋を確保するために、リビングが狭くなってしまうようでは、本末転倒になってしまいかねません。

予算であったり間取りの取り方等トータルバランスが必要になってきます。

また衣類の管理がしやすいということは、良くも悪くもプライベートな部分が無くなるということでもあります。人によっては好まれない可能性もあります。

衣装部屋を作る際の成功ポイント

衣装部屋を作ることによるメリットはたくさんありますが、より成功に近づけるポイントがあります。

大事なポイントは衣装部屋の配置と動線です。いかにスムーズに衣装部屋に入るのか、せっかく衣装部屋を作っても、動線から外れてしまっては、何の意味もありません。単なる納戸と化してしまいます。

そのためにも、外から帰ったら着替えがスムーズにできリビングに入れる。洗濯をベランダに干すのか、部屋干しなのかでも配置が変わってきますが、洗濯の際、洗って乾かして畳んで収納するその動線が、自然な動作で行うことができるのか大変大事になってきます。

それぞれの生活スタイルに合った動線が自然に行うことができれば、ほぼ成功といえるでしょう。

今時の個性的な衣装部屋

今や衣装部屋とは服を収納して、着替えるだけのものではありません。

いろいろな個性的な衣装部屋があり、あたかも宝物部屋と形容した方がいいような衣装部屋もあります。

衣類や小物、鞄だけでなく、靴から時計アクセサリーの類まで全て収納して、コーディネイトを楽しむ部屋にしている使い方もあります。スツールを置いたり、中にはソファーを配置したり、軽くお茶を飲んだりするスペースまで用意されていたりと、収納を超えた使い方をしている衣装部屋が多数つくられています。

衣装部屋こそ個人の内面が表現されている空間であり、個性が表れる場所といえるのかもしれません。

いろいろな個性的な衣装部屋がありますが、基本は使いやすさです。

ライフスタイルに合った片づけやすい配置と収納の造り、そして入る物の容量の管理がしやすいことが、個性的な衣装部屋にも備わっています。

衣装部屋を個別でつくるメリット・デメリット