タンク付きトイレのメリット・デメリット

タンク付きトイレのメリット・デメリット

タンク付きトイレとは?

タンク付きトイレとは、水洗用の水を貯めておく専用のタンクを有するタイプのトイレのことです。

タンク付きトイレは最も一般的な水洗トイレの形式であり、公共施設から一般家庭まで幅広く普及しています。

便器の背面や上部などに独立した形のタンクが設置されており、タンクの中の水を配管を通して便器に流すことにより、汚物を下水道へと押し流して処理を行います。

タンクの中には一回分の作業に必要な量の水が貯められており、レバーを引くことでタンクの底の内の蓋が開いて水が流れます。

底の蓋が開くと内部の水が便器へと流れ、さらにタンクに接続された配管から次回分の水が流れ込み、タンクの内部が水で満たされると内部のフロートの働きにより配管からの水の流入が自動的にストップする構造になっているのです。

タンクの機能が正常に働いている限り、水が足りなくなったり溢れたりすることはありません。一部のタンク付きトイレでは、タンクに流れ込む水が手洗いを兼ねている場合などもあります。

タンク付きトイレのメリットは?

タンク付きトイレには様々なメリットがあります。

まずはその構造がシンプルで、故障が少ないことがあげられます。

タンク付きトイレのタンクに貯められた水は、重力の働きにより便器内に流れ込みます。水を流すためのポンプやモーターなどを必要としないため、比較的低コストで設置・運用することができるのです。

水を流すために電気を使用しないため、停電の際にも通常と同じように利用できることも、タンク付きトイレのメリットのひとつだといえるでしょう。

さらに水圧などの設置環境に左右されないことも、タンク付きトイレのメリットになります。

タンクに接続された配管の水圧が低いと内部に水を貯めるのに若干時間がかかりますが、一方でタンク内の水を流す際には影響しないため、常に一定の圧力でタンク内の水を流すことができるのです。

その他にはウォシュレットへの給水が制限されないため、好みのウォシュレット製品を自由に選んで設置できるといったメリットがあります。

タンク付きトイレのデメリットは?

タンク付きトイレのデメリットとしては、まずは便器以外に水を貯めておくタンクの設置場所が必要であることがあげられます。

特に一般家庭の場合にはトイレのスペースそのものが限られるため、タンク付きトイレを設置するとトイレの中が窮屈になってしまうことが多いようです。

更にタンク付きトイレでは毎回大量の水を流すことになるため、トイレを使用する機会が多いと高額の水道料金が発生しやすいというデメリットがあります。

タンク付きトイレの場合にはその他に、掃除に手間がかかるというデメリットがあります。

これはタンクのスペースの分だけトイレ内が狭くなることに加えて、トイレ内にタンクと便器をつなぐ配管が設置されており、入り組んだ箇所や手が入りにくい箇所が多くなることが理由となっています。トイレの掃除が行き届かないと尿跳ねなどの汚れが残りやすくなり、トイレ内の悪臭の原因になってしまうのです。

タンクレストイレという選択肢もあります!

タンク付きトイレのデメリットが気になる人には、タンクレストイレをおすすめします。

タンクレストイレは水タンクを不要とした、新しいタイプのトイレです。

タンクレストイレには水道の配管が直結され、さらに汚物を流すためにポンプやモーターを活用することで、少ない水量での洗浄を実現しています。

タンクレストイレには省スペースで設置が可能であることや掃除がしやすいこと、さらに節水に効果的であることやインテリア性の高いデザインが選べることなどのメリットがあります。

一方でタンクレストイレを設置する際には、接続する配管の水圧が一定以上であることが条件となります。古い住宅のリフォームなどで水圧が低い場合には、タンクレストイレが設置できない可能性がありますので、くれぐれも注意をしてください。

タンクレストイレにはその他に、停電の際には使用できないというデメリットがあります。

停電時にはポンプやモーターが作動しないため、バケツに汲んだ水を利用して汚物を手作業で流すことが必要になるのです。タンク付きトイレとタンクレストイレにはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、利用目的に合わせたタイプの選択を検討しましょう。

関連:タンクレストイレのメリット・デメリット。特徴や実際の使用感も。

タンク付きトイレのメリット・デメリット