オール電化とは?特徴、メリット、デメリットを解説!

オール電化の特徴

オール電化とは、給湯・空調・調理など住宅内のすべての熱源を、電気のみで賄えるようにすることです。

お湯を沸かす際は、ガスではなくエコキュートや電気温水器を使用します。

ガスや灯油を使った暖房の代わりに、エアコン、床暖房や蓄熱ヒーターを導入します。

床暖房には、エコキュートの熱を活用する方法が一般的です。

そして調理には、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターを使います。

このように、すべての熱源が電気に変わるため、オール電化の家庭には電気代のみの請求が届きます。
ガス湯沸かし器やガスコンロなどを使用しないオール電化住宅には、当然ながらガス代が発生しないからです。

オール電化のメリット

では、オール電化のメリットを見ていきます。

光熱費が減る

オール電化の一番のメリットは、光熱費の削減に繋がることです。

オール電化用の電気料金プランでは、夜間の電気代が格安な設定になっています。夜間の時間帯にお湯を沸かしてタンクにためておき、そのお湯を日中に使うことで電気代を節約できるというわけです。

同様に暖房も、夜間に蓄熱しておいた分を日中に活用することができます。

また、ガスを使わないオール電化なら、ガスの基本使用料がかかりません。ガスと電気を併用する場合は、それぞれに基本使用料がかかってしまいますが、オール電化にすることで電気の基本使用料のみに一本化されます。基本使用料を節約できる点も、オール電化のメリットでしょう。

安全面で優れている

ガスを使わないオール電化は、安全面でも注目されています。

ガス漏れは発生しませんし、室内の空気を二酸化炭素で汚してしまう心配もありません。

炎が出ないIHクッキングヒーターなら、火災のリスクも低くなります。

小さなお子さんがいる世帯や、高齢者のいる世帯では特に、オール電化の安全性が支持されているようです。

災害時のメリット

他には、災害時にもメリットがあります。

エコキュートや電気温水器のタンクに蓄えているお湯を、生活用水として利用することができるのです。
また一般的には、電気・ガス・水道のうち、災害時には電気が最初に復旧しやすいといわれています。

オール電化のデメリット

オール電化にもデメリットがあります。

光熱費が上がるケースもありはします

メリットであげた光熱費の削減ですが、使い方によっては反対に光熱費が上がってしまう可能性もあります。

オール電化用の電気料金プランでは、夜間の電気代が格安になる代わりに、日中の電気代が割高になる設定になっているからです。

日中も自宅で過ごすことが多い家庭にとっては、調理や家事、冷房などで使用する日中の電気代が高くついてしまいます。

エコキュートなどで夜間にお湯をためておいても、日中に使いきってしまった場合は、高い電気代でお湯を沸かさなくてはなりません。

日中にみんな外出している家庭ならコスト削減に繋がるでしょうが、日中に在宅している家庭にとってはデメリットになりがちです。

その場合は電力の契約をオール電化の深夜料金プランではなく、一般的な料金体系にするとよいです。

また、かなり高い断熱性を持った住宅、つまり、高気密高断熱住宅であれば、省エネなので光熱費はほとんどの場合、面積単位では下がります。

炎が出ないので好みがわかれる

オール電化で使用するIHクッキングヒーターは、ガスコンロのように炎が出ないことから、人によっては好みが分かれます。

ガスコンロに慣れ親しんでいる人にとっては、じんわりと熱が伝わってくるIHクッキングヒーターの性質に戸惑うこともあるようです。

また、ガスコンロで使用していた鍋やフライパンが、IHクッキングヒーターには対応していないケースも多々あります。例えば、底が丸い中華鍋はIHクッキングヒーターでは使用できません。鍋やフライパンを買い替えるとなると、思わぬ出費がかさんでしまいます。

停電になると使えない

停電が発生した場合も、オール電化は不利になります。

オール電化住宅では、停電してしまうと、すべての家電や機器が使えなくなってしまうからです。

ガスと電気を併用している住宅であれば、電気が使えなくなってもガスは使えるため、調理やお湯を沸かすことはできるでしょう。

オール電化にする際は、停電などの電気がまったく使えない事態を想定して、前もって準備しておくことが大切です。

例えば、電気を使わない暖房器具として、灯油式のストーブを用意しておくとよいでしょう。また、携帯用のカセットコンロとガスボンベがあれば、簡単な調理をすることも可能です。

高気密高断熱住宅とは、特徴やメリットデメリット

高気密高断熱住宅とは?特徴やメリット・デメリットを解説!

2019年7月19日