IHクッキングヒーターとは?特徴を解説!

IHクッキングヒーターとは電気を使った調理器具

IHクッキングヒーターとは、電磁誘導加熱方式で加熱する調理器具です。

磁力線により金属の鍋だけを加熱する形式で調理を行うため、火災の発生を気にすることがない、手軽な調理が実現できる調理器具として知られます。

電気抵抗を発生させることで鍋へ発熱させる仕組みです。

そのため、IHクッキングヒーターを使う場合には、どんな鍋でも使えるわけではないのがデメリットです。

日々の調理のなかで炒めものなど大きな火力を伴う料理をする際には、料理後にキッチンを汚してしまう場合も多かったりします。

IHクッキングヒーターなら、加熱を行う際に火力が伴いませんので、日頃のお手入れも楽になり、毎日の料理の時間も短くなっていくものです。磁力線による加熱調理ですから、調理の際の音が静かな点もIHクッキングヒーターの魅力です。

小さなお子様などのいる家庭では、火の元の心配もなく、静かな調理が実現するIHクッキングヒーターは魅力的な調理器具となるでしょう。

料理を安全に作れるのは勿論のこと、毎日の掃除などのお手入れも手間が掛かりませんから、料理の準備などにかける時間も少なくなり、日々の負担が少なくなる点もIHクッキングヒーターを導入することのメリットです。

調理中に煙が生じることはないですから、室内の空気が汚れる心配もない点もIHクッキングヒーターを導入することのメリットです。

IHクッキングヒーターを利用するときの注意点

IHクッキングヒーターは、磁力線による調理ができる便利な調理器具ですが、利用にあたっては何点か注意しないといけない部分もあります。

通気口をふさいでしまわないように

IHクッキングヒーターの吸気口や通気口を塞いでしまったりすると、目詰まり検知の機能が働いてしまったりと、動作に影響が出る場合もあります。

調理の際には、十分なスペースが取られているかを確認し、鍋やフライパンなどの配置を行うことが大切です。

空いているスペースに料理本などを置いておくと発火する可能性もあります。
調理の際は料理道具や具材を適切に配置することを心がけましょう。

加熱後のトッププレートに触らないこと

加熱直後のトッププレートに触れてしまうと思わぬやけどを招いてしまうこともあります。

火力による調理とは違い、見た目では熱を帯びているかの判断が難しい部分があるため、加熱後の状態を見極めるのが難しく、調理後は細心の注意が必要になります。

鍋料理などの場合は、適切な水分量で加熱を行わなくては、調理後に空焚きになってしまう恐れもあります。

鍋の中身が空の状態で加熱をしたりすると鍋が破裂してしまう可能性もあるため注意が必要です。