玄関土間のポイント、メリット・デメリット

玄関土間のポイント、メリットデメリット
  • 「玄関土間に興味あります。詳しく知りたい」
  • 「玄関土間って、どういうスペースですか?」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

今回は「玄関土間のポイント、メリット・デメリット」についてご紹介します。

玄関土間のメリット

土間とは屋内で床を張らずに地面がそのままになっている空間のことを指します。つまり玄関土間とはその土間スペースが玄関にあるということになります。

これまで玄関土間といえば靴を脱ぐくらいのスペースしか設けられないことがほとんどでしたが、中には十分な広さの玄関土間を設けるような注文住宅を建築する家庭も出てきています。

土間にはほかの室内空間にはないさまざまなメリットがあり、それをうまく活用することでより快適な暮らしをしていくことができます。

水や汚れに強い

まず玄関土間の最大のメリットが汚れや水に強いという点です。

土間に使用する床材は畳やフローリングなどではなく、コンクリートやモルタル、タイルなどが主に利用されます。コンクリートやモルタルは住宅の屋外や基礎などにも利用される素材なので汚れや水に強いです。

例えば小さなお子さんが居る家庭の場合、床がフローリングや畳だったら食べ物や飲み物をお子さんがこぼしてしまったときは即座にふかなければシミになったり汚れが取れなかったりします。しかし床がモルタルやコンクリートならばその心配はありません。

庭の延長線上として活用できます

汚れに強いということで庭の延長線上としての活用もできます。

たとえばガーデニングが趣味だという人はガーデニングに使う道具や土などを土間に置くことができますし、家庭菜園をしている人は収穫した野菜をいったん土間に置いたりすることもできます。

また庭でバーベキューをする際にもバーベキュー用の道具を土間に置いたりできるので多少庭が狭かったとしても窮屈さを感じることなくバーベキューを楽しむことができます。

玄関土間のデメリット

ここからは玄関土間のデメリットについてみていきます。

冬場が寒い

玄関土間は地面にコンクリートなどを張っただけなので特に冬場は地面からの冷気が地表へ伝わってきます。玄関土間を設置するうえでの最大のデメリットが冬場はとても冷えるという点です。

玄関土間をそのまま玄関の延長線上として使うだけなのならば特に問題はありませんが、それ以外の用途で使用する場合は床暖房を導入したり、ストーブを設置したりするなど防寒対策をしっかりとおこなっておきましょう。また玄関土間の冷気が室内に入ると家全体が寒くなります。

空間が遮断される

次に土間を設けることによってどうしても空間を遮断するというデメリットが生じます。

意図的に空間を区切るのであれば土間はとても有効に活用できますが、何も考えず玄関土間を設けると空間を分断してしまい、家全体がちぐはぐな印象になります。

これを防止するためには家を建築する前の段階で建築士などとよく相談をして違和感ない空間になるよう計画することが重要です。また土間は土足で過ごすことになるのでそのわずらわしさも計算する必要があります。

玄関土間と室内の段差がうまれる

そしてもう1つ忘れてはいけないのが玄関土間を設計することによって室内との段差が必ず生じてしまうという点です。

若いうちはまだ良いですが、年齢を重ねて高齢になるとこの段差が不便になることもあります。将来的にスロープを増設するか手すりを付けることができるような玄関土間にするなど将来のことを考慮した設計をしましょう。

玄関土間を設置する際のポイント

玄関土間を設置する際にポイントとなるのは床材をどれにするかという点です。

コンクリートやモルタルは安価ではありますがデザインとしては面白みがないものとなるので、室内との統一性を重視するならば多少値が張ってもタイル張りのものが良いでしょう。

またどんな色にするかもとても重要です。

室内の色を考慮して統一性のとられた色を選ぶと全体的に洗練された空間になります。そして玄関土間を広くとるということはそれだけ居住スペースが圧迫されるということなので居住スペースと玄関土間とのバランスもしっかり考えましょう。

玄関土間を活用

玄関土間の活用方法についてまとめてみます。

自転車をディスプレイできます。盗難防止にも

健康のためや運動不足解消のためなどに通勤時や休日の時などに自転車に乗る人が増えてきています。自転車を趣味にするとだんだん自分が乗る自転車にもこだわりを持つようになり、中には自分だけのオリジナル自転車をカスタマイズする人も出てくるでしょう。

そういった人たちは屋外に自転車を置いていると盗難に遭うのではないかと不安になることが多いです。しかし玄関土間があれば自分の自転車を家の中に保管することができるのでとても安全です。さらに工夫することで自分の自転車をディスプレイすることができ、乗らない時も自分の自転車を思う存分眺めることができます。

スーパーの買い物を玄関土間に

土間の活用法はほかにもあります。毎日スーパーで買い物をしたたくさんの荷物をキッチンまで運ぶというのはとても重労働ですが、そんな時にも玄関土間に物置のスペースを設けておけば買い物から帰ってきてそのまま荷物を物置に置くことができるため毎日の負担がとても軽くなります。

さらに玄関土間がキッチンと近ければ調理をするときの移動も少なくなり、一石二鳥です。そして玄関土間が土や水にも強い床であることを活用してベビーカーや雨具などをそのまま置いたりもできます。特にベビーカーは土間の広い空間を利用することによって赤ちゃんを安全に乗せたり降ろしたりすることができるでしょう。

来客を玄関土間で対応

また家にはさまざまな訪問者が訪れます。訪問する人の中には電気工事の打ち合わせや保険会社の担当者など家に招き入れるほどの関係ではないという人たちもいるでしょう。

土間にちょっとしたテーブルと椅子を置けばそういった人たちと気軽に打ち合わせをするスペースとして活用することもできます。

このように玄関土間はその家庭の状況に応じてさまざまな使い道を見出せる空間なのです。

玄関土間のポイント、メリットデメリット