地鎮祭@福岡市西区小戸。住宅建築のはじまり

今日は福岡-広島間くらい
自動車を走らせました。

竹内です。

ここまで移動が多い日は
運転だけで疲労感がします。

現場での活動時間は
移動時間より少ないですが。

それでも
行かないと仕事にならないので
がんばってます。

運転時間の長いブロガーです。

地鎮祭@福岡市西区小戸

今日の朝一の
メインイベントは

「地鎮祭」

地鎮祭とは
住宅建築の新築工事を始める前に
その土地の神様(氏神)を鎮め、挨拶し
土地を利用させてもらうことの
許しを得る儀式
です。

もっと詳しい解説は
以下の記事にあります。

【地鎮祭】そもそも地鎮祭とは?流れは?準備は?目的や費用、時間、マナーなど基礎知識について解説!

2018.08.25

つまりは

新しい家の
本格的な建築が
スタートするという意味です。

そういうことで
住宅建築の
はじまりです。

地鎮祭のあとは
周辺のご近所様がたに
建て主様と一緒に
ご挨拶。

みなさんご在宅で
丁重な対応を受けました。

ありがとうございます。

住宅建築は喜ばしいことですが
近隣の住民の方々には
騒音やほこりなど

色々とご迷惑を
おかけする可能性があります。

トラブルないようにと
色々と考え、対応するのですが
それでも実際のところ

うるさいですし
車の出入りが多いですし
人の声がしますし

そういうのをゼロには
できないのが現実。

そういうわけで
色々と大変なところもあります。

音しない
出入りのない

そんな工事をしたいものです。

ただ
それでも努力して
なんとかがんばっていきたいです!

そんなことを
思った一日でした。

明日からは
外構工事で
色々と現場作業を
がんばっていきます。