安心して、でんホームモデルハウスにお越し頂くための3つの約束

先日、ひさしぶりにセミナーを受講してきました。
大分市内で開催された、ブログセミナーです。

僕は名刺交換とか自分からなかなかできないような人見知りなんですね。

何人かの方が名刺交換で声がけいただいたので、なんとかマイルドにコミュニケーションとれたんですが、ドキドキものです。

それで、ハッと気づいたんです。

「これ、でんホームのモデルハウスにお越し頂く方も同じように、いやそれ以上にドキドキなはず!」

でんホームのモデルハウスにお越し頂くには、初めてで知らない人に「問い合わせ」しないといけないです。さらに、予約して、見学日時を決めて、実際に行く・・・

知らない家(モデルハウス)で、もしかしたら押し売り営業をかけられるかもしれないのに、何が起きるんだろうか?のような不安でたまらないんじゃなかろうか・・・

・・・・・すみませんでした。

来場するのにドキドキで、不安で、緊張する感じだったのに、ウェルカム感を出す努力を怠っていたかもしれません。

そういうわけで、今回、『安心して、でんホームモデルハウスにお越し頂くための3つの約束』を宣言いたします

具体的には以下の3つの約束になります。

  1. 事前に安心して頂くための情報提供をお約束します
  2. 押し売り営業はされないことをお約束します
  3. 家づくりに役立つ情報提供をすることをお約束します

事前に安心して頂くための情報提供をお約束します

最初のお約束は「事前に安心して頂くための情報提供をお約束します」です。

不安に感じられる主な要因としては「どんな人が出てくるの?」「超こわい人だったらいやだな」「バリバリのおっさんだったら嫌だな」「脅されたりとかしないかな」というように、情報量が欠けている、知らないということが要因です。

知っていれば、特に不安に感じることもありません。

どこか別場所でもいいのですが、初めて来場したときの不安感と二度目に来場したときの不安感を比較すれば、圧倒的に二度目の来場のほうが安心して行けます。これは知っているからです。

そこで、事前にご安心いただくための情報提供をすることをお約束します。

具体的には以下のような情報提供をしていきます。

素性を明かす(どんな人と会うことになるのか?)

最初に重要なのは「どんな人と会うことになるのか?」です。

はっきり言って、僕だったら、やっぱりチンピラみたいな兄ちゃんが出てくるようなところには行きたくないです。他には太った中年おっさんが威圧的な態度で、えらそうに話しかけてくるようなところには行きたくないです。僕だったら、そう思っています。

あなたも同じだと思います。

ですから、「どんな人と会うことになるのか?」ということは大事です。

そのため、素性を明かします。

初めて、でんホーム鳥飼モデルハウスにお越し頂く際、お会いすることになるのは、この文章を書いている・竹内正浩、ないしは、でん社長・藤本香織になります。

今後、スタッフ紹介ページをつくります。
取り急ぎ、でんホームの会社サイトでのスタッフ紹介にてご確認ください。

モデルハウスの内観を情報公開(どんな家に入って見学するのか?)

次の情報提供は「どんな家に入って見学するのか?」という点です。

「見学しに行ったら、ヤバいところだった」みたいな体験は誰しもしたくありません。ですから、実際に写真ではありますが、どんな家に入って見学することになるのかを事前に知っていただきます。

以下のリンク先ページにて、でんホーム鳥飼モデルハウスの内観を情報公開しております。

現時点(2018.10.18時点)では、このような情報量になるのですが、継続的に進めていきたいと考えています。

ご不安に感じられる要素がありましたら、お教えいただけましたら、幸いです。そこの部分の情報提供を行うことで、ご不安を払拭することができればと考えています。

押し売り営業はされないことをお約束します

次のお約束は「押し売り営業はされないことをお約束します」です。

モデルハウスに見学に行って、個別相談になると思うんですが、そこで「買え!買え!」「ここはどう?あれはどう?」のように押し売り営業されたら、最悪ですよね。僕は押し売り営業とかされるのが大嫌いです。自分で選びます。

僕自身がされたら嫌なことですから、人にはしません。

押し売り営業はされないことをお約束します。

家づくりに役立つ情報提供をすることをお約束します

最後は「家づくりに役立つ情報提供をすることをお約束します」です。

押し売り営業の話と多少は重複するのですが「家づくりの相談に行ったら、参考になる情報というよりも、その会社にとって都合のいい情報ばかりで、客観性がない売りこみばかりだった・・・」という体験が多いのが、この注文住宅業界です。

僕はそういうのはダメだと思うんです。

重要なのは、客観性がある事実なり、選択するのに必要な情報を手に入れて、そのあとで家族にとってベストな判断として、どの住宅会社・工務店を選ぶのか、どういう家を建てるのかを判断するべきであると考えています。

ですから、極めて重要だと考えているのが「家づくりに役立つ情報提供をすること」です。

判断基準となる情報を提供することこそが、価値であると考えています。

同じような話を『本サイトが目指すところ「初めて注文住宅を建てる人のための家づくり情報メディア」』という記事でも述べさせていただきました。

本サイトが目指すところ「初めて注文住宅を建てる人のための家づくり情報メディア」

2018.10.16

この「家づくりに役立つ情報提供」は僕がお会いした方すべてに提供していきたいと考えていますし、このサイトでも提供していきます

ですから、でんホーム鳥飼モデルハウスにお越し頂いた方は、もれなく「家づくりに役立つ情報」をたくさんお持ち帰りいただくことができるメリットがあります。

まとめ

色々な施策を考えて、お約束いたしまして、ご不安を払拭できればと考えています。

ただ、最終的には勇気がいるものと思います。

お声がけいただく勇気だけ、お願いいたします。