【住宅ローン】知っておきたい、住宅ローンの「繰り上げ返済」

「繰り上げ返済について、詳しく知っていますか?」

知らなくても住宅ローンを借りることはできますし、
知らなくても、特段困ることもありません。

ただ、知っておくと、何かのタイミングで役に立つこともあります。

ここでは『知っておきたい、住宅ローンの「返済方法」』というテーマで解説していきます。

繰り上げ返済とは、具体的にどんなものか?

繰り上げ返済とは毎月の返済額とは別に住宅ローンの一部を「繰り上げ」で返済することです。

たとえば、毎月10万円の住宅ローン返済をしているとします。
それ以外に、単発で100万円くらい金融機関に支払うことです。

繰り上げ返済の効果は2種類あります。

期間短縮タイプ

繰り上げ返済の効果として2種類共通なのが、最終的には金利分を減らして、総返済額を少なくするということになります。

その上で最も効果があるのが、この「期間短縮タイプ」の繰り上げ返済です。

これは毎月の返済額は変えないで、返済期間を短くするタイプです。

返済期間が短縮されることで、かかってくる金利負担が減るために、総返済額が減ります

返済額減額タイプ

もうひとつのタイプが返済額減額タイプです。

これは期間短縮タイプとは別のアプローチで、返済期間はそのままで、毎月の返済額を少なくするタイプです。

毎月の返済額はたしかに金額に応じて下がるのですが、総返済額の減額量からすると、期間短縮タイプには劣ります

繰り上げ返済と住宅ローン控除。ご注意を

繰り上げ返済しますと、住宅ローン残高が減ります。

その一方で、住宅ローン控除は住宅ローン残高の1%が所得税等から戻ってきます

計算が住宅ローン残高が基準になります。

そのため、住宅ローン控除の期間に繰り上げ返済しますと、
その分、住宅ローン残高も減りますので、所得税等から戻ってくる金額も減ります

適用されている金利次第でもありますが、どちらがお得かを検討する必要はあります。

繰り上げ返済の手数料

かつては繰り上げ返済するのに手数料がかかっていました。

ただ、現在では金融機関同士の競争が激しいですから、
インターネット利用であれば、どこでも無料
となっています。

探せば、無料ではない金融機関もあるかもしれませんが、、、

そういうところの住宅ローンは売れなくなってしまうので、じきに無料になるとは思います。

繰り上げ返済の注意点

住宅ローンを繰り上げ返済しますと、たしかに総返済額は減ります。
金利負担も減ります。

ただ、その一方で、手持ち現金も減ってしまいます

そうすると、病気・ケガ、子どもの教育費などの支払いが気になるところです。

住宅ローンの総返済額を減らしたいばかりに、
不意の出費が足りなくなるという事態には注意したいものです。

ですから、家計負担を考えつつも、手持ち現金を確保した上で、
繰り上げ返済されることをおすすめします。

まとめ

繰り上げ返済の内容、注意点などお話しました。

金利負担が減ることで、総返済額を減らす効果のある繰り上げ返済

内容を知った上で、ご自分の家計で行うべきか、行わないべきか。

また、いくらくらい行うべきか。

そういうことを検討されて、実行されますことをおすすめします。

ご家族が
幸せに暮らすことのできる
家づくりを。

何かお知りになりたいことあれば、
お気軽にご相談予約ください。

【保存版】住宅ローンを借りる前に知っておきたいことまとめ
「住宅ローンについて、借りる前に知っておきたいことまとめ」というテーマで、記事をまとめています。
一通りご覧いただき、興味のあるところを読み進めていただけましたら、ご参考になると思います。

(順次追記)【保存版】住宅ローンについて、借りる前に知っておきたいことまとめ

2018.09.28