【住宅ローン】知っておきたい、住宅ローンの「返済方法」

「元金均等返済という返済方法について、知っていますか?」

知らなくても住宅ローンを借りることはできますし、
知らなくても、特段困ることもありません。

ただ、知っておくと、何かのタイミングで役に立つこともあります。

ここでは『知っておきたい、住宅ローンの「返済方法」』というテーマで解説していきます。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンには「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類の返済方法があります

住宅ローンの返済方法
■元利均等返済とは
毎月支払う返済額が一定となる返済方法。

■元金均等返済とは
毎月支払う返済額のうち、元金の額が一定となる返済方法。

ただ、実際上は「元利均等返済」がほぼほぼ選ばれます

まず、低金利の現在では元金均等返済にしても、そこまで総返済額が減らない点
そして、元金均等返済での当初の返済額が大きいということがあります。

ただ、返済方法の違いは返済額の違いにもなります。
具体的には「元金均等返済」のほうが総返済額は少なくなります

ここでは、それぞれの返済方法について解説します。

元利均等返済とは?

元利均等返済とは「毎月の返済額が一定」の返済方法です。

表現を変えれば「元金と金利を合わせて、均等に返済していく(毎月返済額一定)」方法です。

メリットは毎月の返済額が一定ということです。
月々の支払いが一定だと、家計を予測・計画しやすいです。

デメリットは総返済額が大きいということです。
毎月の返済額が一定のメリットがある反面、当初の支払い額に占める元金の割合が少ないです。

最初のほうは、ほとんど元金・元本を返済しておらず、金利・利息の支払いをしています。
ですから、最初のほうは住宅ローンの総額はあまり減っていないです。

これがデメリットです。

元金均等返済とは?

元金均等返済とは最初の返済額が最も高く、返済期間を経るにつれて返済額が減っていく返済方法です。

表現を変えれば「元金のみを均等に返済していく(毎月元金は一定)」方法です。

毎月、元金が均等ですから、
当初はやはり金利分が乗っていますので、返済額が大きい
です。

返済期間が経るにつれて、元金はたしかに一定ですが、
金利負担が減ってきますので、返済額も減ってきます

メリットは元利均等返済と比較すると、総返済額が少ないところです。

デメリットは当初の支払額が大きいので、家計負担が大きいところです。

そのため、たしかに「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類の返済方法から
選ぶことができますが、実際上は「元利均等返済」がほぼほぼ選ばれます。

ご家族が
幸せに暮らすことのできる
家づくりを。

何かお知りになりたいことあれば、
お気軽にご相談予約ください。

【保存版】住宅ローンを借りる前に知っておきたいことまとめ
「住宅ローンについて、借りる前に知っておきたいことまとめ」というテーマで、記事をまとめています。
一通りご覧いただき、興味のあるところを読み進めていただけましたら、ご参考になると思います。

(順次追記)【保存版】住宅ローンについて、借りる前に知っておきたいことまとめ

2018.09.28