資金計画・予算「そもそも、家づくりに全部でいくらかかるのか?借り入れるべき金額は?」【住宅ローン】

「家づくりに全部でいくらかかるの??」

そう思ったことはありませんか?

夢のマイホーム。
言わずとも、人生で非常に大きな買い物です。

動くお金も大きく、
内容も複雑なので、

全部でいくらかかるのか?
ということを把握するのも一苦労

今回は「家づくりに全部でいくらかかるのか?」について、お話していきます。

家づくりに全部でいくらかかるのか?はあなた次第

最初にお伝えすべきことは、

「家づくりに全部でいくらかかるのか?」

という質問の率直な回答は、

「あなた次第」

ということです。

建売住宅、分譲マンションであれば、
売値が決まっているので、
それに仲介手数料や登記費用を加えて、
家具家電を買ったら終わりっぽい
です。

ただ、注文住宅ですと、
いろいろなオプションをつけることが
できますから、制限はありません

こだわりがあまりない方は、
比較的少ない金額になる傾向
にあります。

色々こだわりたいと考える方は、
オプションなどの金額が増える傾向
にあります。

オプションといっても、
それこそピンからキリまであります。

具体的にキッチンでご説明します

ここで具体的にキッチンを例にしてご説明します。

標準品キッチン+オプション追加

僕が好きなキッチンで言いますと、

標準品のキッチン(グレードによって異なります)を
各メーカーが提供しているオプションを入れるだけで、
30-50万円とかはすぐに行っちゃいます。

標準品キッチンを別メーカーに変更

では、標準品のキッチンを
別のメーカーのよさそうなグレードのキッチンに変更

そうしますと、50-70万円とかは追加でしょうね。

標準品キッチンを高級キッチンメーカーに変更

じゃあ、標準品のキッチンを
高級キッチンメーカー、キッチンハウスとかに変更

そうしますと、70-100万円とかは追加になります。

標準品キッチンを高級キッチンメーカー+オプションに変更

それじゃあ、標準品のキッチンを
高級キッチンメーカー、キッチンハウスに変更して、

それで食器洗い機を海外製食洗機、
たとえば、ミーレとか、ガゲナウに変更しますと、

そうなると、100-150万円くらい追加じゃないでしょうか

アバウトな数字で検証してませんので、
詳しい情報をお知りになりたい場合は、
具体的に打ち合わせになります。

キッチン単体でも、選択肢は多い!

ここでは単純化してお話しましたけれども、
キッチン単体でも、選ぶことのできる選択肢は多いです。

たとえば、取っ手。
たとえば、水栓金具(蛇口)。

大きく金額が変わるのは、
天板、表面の面材ですね。

わかりやすいように、
キッチンだけでお話しましたけれども、

そういう箇所が数百カ所あるのが
注文住宅
になります。

色々と好きに選ぶことができる反面、
こだわりすぎると、金額も跳ね上がる傾向にあります。

究極的には家づくりの総費用は終わるまでわからない

それで、
究極的には家づくりに全部でいくらかかるのか?は、
終わってみるまでわかりません

なぜならば、
最後までこだわって、オプション選ぶ場合、
家具家電にこだわって、選ぶ場合、

そういうことで、
最後の最後まで、金額は動くから
です。

だからといって、

「家づくりにいくらかかるのか?」

の答えについて、
概要がお知りになりたいと思いますので、
ここでご説明します。

家づくりにかかるお金の概要

家づくりにかかるお金についてですが、
建売住宅、分譲マンションの場合は、
売値+諸費用ですから、簡単
です。

販売業者に聞いてください。

ここでは、
より複雑な「注文住宅の家づくり」をされる方の
家づくりにかかるお金の概要
をご説明します。

「建物本体の費用」

先ほどお話した内容は、

「建物本体の費用」

です。

つまりは、

1800万円の注文住宅を建てるのか?

2200万円の注文住宅を建てるのか?

2500万円の注文住宅を建てるのか?

3200万円の注文住宅を建てるのか?

5000万円の注文住宅を建てるのか?

7000万円の注文住宅を建てるのか?

そういう話です。

注文住宅と言いましても、
本当にピンからキリまでありますから、
1000万円くらいの家から、
8000万円、1億円超えの家まで、
大きな幅を持った買い物
です。

土地は持っていますか?土地探しからですか?

土地をすでに用意している場合、
土地代は不要
です。

ですが、土地がなく、
土地探しからの場合ですと、
土地代と手続き費用
がかかります。

土地に関する手続き費用としましては、

【土地の取得にかかる費用】
・土地の仲介手数料(3%+6万円と消費税)
・印紙税(契約書に貼る印紙代。意外に馬鹿にならない)
・不動産取得税(土地の取得にかかる税金)


【土地の登記にかかる費用】
・登録免許税(土地の登記にかかる)
・司法書士報酬(手続き代行の費用)

【住宅ローンにかかる費用】
・住宅ローンの融資手数料や金利

ちなみに、
土地には消費税はかかりません

こういったものがかかります。

そのほかの諸費用

この「建物本体の費用」だけでは、
家づくりはできません。

それ以外に諸費用を支払う必要があります。

【建物の取得にかかる費用(建物本体をのぞく)】
・印紙税(契約書に貼る印紙代。意外に馬鹿にならない)
・不動産取得税(土地の取得にかかる税金)
※新築住宅を取得する場合、軽減措置があります。
・火災保険料・地震保険料
・水道負担金

【建物の登記にかかる費用】
・登録免許税(建物の登記にかかる)
・司法書士報酬(手続き代行の費用)
・土地家屋調査士報酬(新築建物の登記を行うための費用)

【住宅ローンにかかる費用】
・住宅ローンの融資手数料や金利

【その他の費用】
・引っ越し代
・家具や家電の購入費用

これらの費用がかかってきます。

これらの費用を
ざっくり全体像を話し合うことを

「資金計画」

と言います。

家づくりの資金計画を受けてみる

こういう費用は、
広範囲にわたって、かつ、複雑
です。

ですから、
希望される住宅会社・工務店・設計事務所などで、

「資金計画をしてほしい」

旨をお伝えされると、
よろしいかと。

全体として、
家づくりにいくらかかるのか、

概算にはなりますが、
これらの費用を入力してもらえるので、
把握しやすくなります。

もちろん、
でんホームでも、資金計画しております。

ご希望される方はどうぞ。

このようなかたちで、
家づくりに全部でいくらかかるのか?

ということを把握していきます。

ご家族が
幸せに暮らすことのできる
家づくりを。

何かお知りになりたいことあれば、
お気軽にご相談予約ください。

【保存版】住宅ローンを借りる前に知っておきたいことまとめ
「住宅ローンについて、借りる前に知っておきたいことまとめ」というテーマで、記事をまとめています。
一通りご覧いただき、興味のあるところを読み進めていただけましたら、ご参考になると思います。

(順次追記)【保存版】住宅ローンについて、借りる前に知っておきたいことまとめ

2018.09.28